バイク用語辞典現象やその他, か行 > キックバック現象

キックバック現象

サスペンションが一気に伸び上がる状態を指します。

サスペンションが一気に伸び上がる状態を指します。

オフロードや連続ギャップなどを通過の際、サスペンションのセッティング不良により、戻りが悪くドンドンとサスペンション縮んでいきます。

そしてある時期に一気にサスペンションが伸びて跳ね上げられる現象のことを指します。

路面からの影響や外乱でステアリングが激しく振られる現象をさす事もあります。

ホンダモンキー(Monkey)

  • ホンダモンキー
  • 型式:BA-AB27
  • エンジン種類 空冷4ストロークOHC単気筒
  • 乾燥重量:58kg
  • 総排気量:49cc
  • 内径×行程:39.0×41.4
  • 圧縮比:10.0
  • 最高出力:2.3[3.1]/7,500(kW[PS]/rpm)
  • 最大トルク:3.1[0.32]/6,000(N・m[kg・m]/rpm)
  • 変速機形式:常時噛合式4段リターン

画像はキックバック現象とは無関係のホンダモンキーです。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/280other/post_108.html" target="_blank">バイク用語辞典:キックバック現象</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはキックバック現象です。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.