2017年 バイク買取 おすすめ比較ランキング 最新版

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

2019年 バイク売るならドコ?おすすめ比較ランキング 最新版


何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人なら、できるだけ高く売却したいと考えているはず。

バイクを買うときにはだいたい相場価格で購入できるのでそれほど難しさは感じませんが、売却となると話は違ってきます。

知識がないと何十万円も損をしたりすることも少なくないのです。

最近ではインターネットを利用したバイク買取サイトがあり、より高くバイクを売却したい人に人気があります。

ただしバイク買取サイトにも各社特徴があるので、自分の所有しているバイクの種類や状態、また希望価格などによって使い分ける必要があります。

ここでは、不要になったバイクを上手に高く売却できる買取サイトやオークションサイトを徹底比較しています。

バイクを持っていると諸経費、場所などデメリット

バイクは車よりも車体が小さいために、乗らなくなってもガレージに放置される場合が多いです。

バイクの排気量によっても違いますが、バイクは車と同じように乗っていなくても維持費がかかり、とくに税金はバイクを所有していることで毎年請求されてしまうのです。

排気量ごとにかかるバイクの税金を見てみましょう。

排気量別バイクの維持費

【125cc以下】

  • 自動車税・・・2000~2400円
  • 重量税・・・0円

【126cc~250cc】

  • 自動車税・・・3600円
  • 重量税・・・4900円

【251cc~400cc】

  • 自動車税・・・6000円
  • 重量税・・・1900~2500円(使用年数による)

【400cc~】

  • 自動車税・・・6000円
  • 重量税・・・1900~2500円(使用年数による)

廃車申請をしていないバイクには、乗っていなくてもこれだけの税金が課せられています。

放置期間が長いほど、無駄な税金を支払っているということになるのです。

放置バイクの維持には税金以外にも無駄になるものがある

使わないバイクを持っていると、税金以外にも無駄に消費してしまうものもあります。

  • 自賠責保険・・・1年で7500円~8650円(排気量による)
  • 任意保険・・・17000~30000円(各社プランによる)
  • 駐車場代・・・借りている場合

これら以外にも、長年放置してしまうとバイクは劣化が進んでしまいます。

そのままゴミとしてスクラップにする場合には、引取料金がかかりますし、またメンテナンスをして乗ろうとすると放置期間がながければ長いほど費用が高くなります。

型式も古くなり、細部が劣化していくとバイクそのもの中古市場価値も下がる一方になっていくのです。

バイクは目的があって通勤や趣味のために利用してはじめてこれらの費用も生きてきます。

まったく乗らなくなって放置すると、デメリットだらけの"お荷物"になってしまうのです。

バイクを売るのはかなり大変

新車のバイクを購入するときには、販売店側もいろんなサービスをしてくれますし、細かな書類の処理なども代行してくれるものです。

バイク販売店も他店との競争をしているので、より行き届いたサービスでお客をつかもうとするからです。

しかし、一転して個人がバイクを売ろうとするとかなり大変なことになります。

中古バイクを扱うショップが買い取りをする場合には「仕入れ」をすることになるので、できるだけ安く買い叩こうとするのは当然のことです。

購入のときには「ユーザー」であっても、売却をするときには私たちバイクの所有者は「業者」となります。

なので、中古バイク自体の相場や駆け引きの方法をしっておかなければ、プロ相手に交渉で優位に立つことはできません。

また、1件ではなく複数のバイク店で交渉するのも、想像以上に疲れるものです。

最近流行りのネットを利用した個人売買もおすすめできません。

車体や保険などの名義・登録変更にはかなりの知識が必要で、自分で陸運局や役所に足を運び、必要書類を揃えるのは、素人には非常にハードルの高い作業なのです。

個人で出品できるオークションも同様です。

こういったバイクを売る際に立ちはだかる障壁が高い理由で、多くの人が放置した後に料金を支払ってスクラップ化するという道筋をたどってしまうのです。

せっかく市場価値のあるバイクを、みすみすゴミにしてしまうのは本当にもったいないことですね。

バイクを売る方法(それぞれのメリット・デメリット)

バイクを売るには、いくつかの方法があります。

そして、その方法によってメリットとデメリットも知っておくことが、少しでも高く手間なく売却するためには必要なことです。

バイク売却の代表的な4つの方法ごとに比較してみましょう。

個人売買

ネットの普及で様々なものが「個人売買」され、それを仲介するサイトも増えつつあります。

最近ではメルカリが有名ですし、昔から運営されているヤフーオークション、地元の売買に特化したジモティなど、その他にもたくさんの個人売買サイトが存在します。

すでにそういったネットサービスを利用している人は「ついでにバイクも・・・」と考えがちですが、行動に移す前にメリット・デメリットを知っておきましょう。

【個人売買のメリット】

  • 相場以上に高く売却できる可能性がある
  • たいてい相手も一般人なので交渉が楽にできる

【個人売買のデメリット】

  • 値段設定を間違えると売れないこともある
  • そのサイトを見ている人だけが対象なので閲覧さえされないことも多い
  • 売却に関する譲渡処理を全て自分でする必要がある
  • 売却後にクレームがくることもある
  • 金銭トラブルの危険性がある

店舗で売る

中古を扱う店舗で売却するのが昔から知られている最も一般的なバイクの販売法です。

ほとんどの人が店舗で売ることを考えますが、デメリットもあるので知っておきましょう。

【店舗で売るメリット】

  • 確実にトラブルなく売ることができる
  • 売却に関する書類上の手続きを代行してくれる

【店舗で売るデメリット】

  • 交渉によって安く買い叩かれることが多い
  • 相場を知らないまま売却する可能性がある
  • 高く売るためには複数の店舗で交渉する必要がある

オークションで売る

車と同じように、バイクにもオークションがあります。

最近では情報も多く入手できることから、業者に頼らずオークションでバイクを販売しようとする人も増えているようです。

【オークションで売るメリット】

  • 相場相応の高い金額で売ることができる

【オークションで売るデメリット】

  • オークションに出品するためのノウハウを知る必要がある
  • 全ての販売・譲渡手続きをする必要がある
  • 販売後のクレームに対応する必要がある
  • 代金受け渡しでトラブルが起きることがある
  • 必ず売れるわけではない

バイク買取査定

最近ではインターネットを介した、バイクの買取査定というサービスの人気が高まりつつあります。

新しいサービスなので、まだその存在すら知らない人も多いようです。

バイクの一括買取査定は前述の"オークション"と形式が似ていますが、運営サイトがオークションをすべて掌握し、すべての手続きを代行してくれるので、ユーザーは手間も知識も必要ありません。

メリットとデメリットを見てみましょう。

【買取査定で売るメリット】

  • 他の方法よりも高く売れる可能性が高い
  • 手続きなどを全て任せることができる
  • 相場が分かるので安く買い叩かれることがない
  • 売る売らないはこちらの自由

【買取査定で売るデメリット】

  • 複数の業者からの連絡に追われることがある

まずはいろいろな店舗査定を見てみるのがよい(バイク買取一括査定)

前項のバイク売却の方法別のメリット・デメリットを見ていただければ分かるように「買取査定」はメリットが多くデメリットが少ない方法です。

"買取一括査定"とは、自分のバイクを登録し、それをサイト(買取査定事業者)が提携している複数のバイク店が閲覧し、オークションや直接交渉によって買取してくれるサービスのことです。

全国対応なので、信じられない数のバイク店が提携しているので、売れ残ってしまうようなことはほとんどないはずです。

また、途中で気が変わったりしときにもキャンセルすることができるので、とりあえずは登録して内容を実感するのもいいでしょう。

ただし、バイク一括査定は現在はいくつもあり、それぞれに性質違うので各社の違いも熟知しておくことが大切です。

「バイク買取 査定」などとネット検索をすると、すごい量の数がヒットしてしまうので、どのサイトを選んでいいか迷ってしまうこともあるはずです。

自分の希望価格やバイクの状態(年式・走行距離・傷・コンディションなど)によっても、サイトの選び方も違ってくるので、買取一括査定ならどこでも良いというわけではありません。

ここでは、現在のバイク買取一括査定サイトの中で、人気が高く評判の良いものを2つご紹介しておきます。

1位:バイクブロス バイク買取一括査定

『バイクブロス バイク買取一括査定』は、ネット上でも人気の高い買取一括査定サイトです。

簡単にいうと、サイト内に自分のバイクを登録し、それを閲覧した購入意思のあるバイク店が買取価格を提示し、こちらがどこに売却するかを決定するというシステムです。

バイクブロスの特徴

車のオークションサイトにありがちな、閲覧した購入希望者(中古車販売店)が制限なく参加するタイプの査定サイトでは、販売者(バイクを売りたい人)のところに大量にアクセスがあり、その対応に追われるということになります。

またそれが一括査定サイトのデメリットの一つでした。

しかし、バイクブロスでは、限定した8社(最大)のみがアプローチしてくるので手間取ることがありません。

  • 利用料・・・無料
  • 査定社数・・・8社
  • 対象エリア・・・全国
  • 書類手続き・・・買取業者が代行

バイクブロスのメリット

バイクブロスは他の方法で売却をするのとは違ったメリットがたくさんあります。

  • 売却手続きなど利用料が無料(出品から査定売却まで全て)
  • 自分のバイクの市場相場を知ることができる
  • 複数の中古バイク取扱業者が同時に価格競合するので高額で売却することができる
  • 現金にて支払われる
  • 廃車、改造車、動かないバイクでも出品することが可能
  • ローンが残ったバイクでも売却可能

とにかく国内では最も有名な買取一括査定サイトなので、メリットもかなり豊富です。

サイト内の申し込みフォームに簡単な個人情報を打ち込めば、スムーズにサービスに移行していける簡単さも魅力です。

2位:バイク比較.com

『バイク比較.com』も、バイクブロスと同様に、人気のあるバイク買取一括査定サイトです。

バイク比較.comの特徴

バイク比較.comは、買取一括査定の草分け的な存在であり、すでに10年の歴史がある老舗サイトです。

利用者数も多く、現在で50万人を超える実績は、利用者側からすると安心材料になるでしょう。

ネットを使った金銭のからむサービスには一抹の不安を覚えるものですので、利用していて不安を感じるようなサイトは誰も使いたくないものです。

また、全国エリア対応というだけではなく、売る側の地域や車種などの条件に合わせて近隣の中古車取扱店や、出品されるバイクに強い業者をピックアップして競合させるので、不特定多数の業者からの連絡がないところも特徴です。

  • 利用料・・・無料
  • 査定社数・・・6社(最大)
  • 対象エリア・・・全国から厳選
  • 書類手続き・・・買取業者が代行

バイク比較.comのメリット

バイク比較.comは、ネットを使った一括査定の性質を最大限に活かしたメリットがあります。

  • 売却手続きなど利用料が無料(出品から査定売却まで全て)
  • 売らずに市場相場のみを知ることもできる
  • 複数の中古バイク取扱業者が同時に価格競合するので高額で売却することができる
  • 自分のバイクの車種や状態、居住エリアに強い買取業者がオークションに参加する
  • 対応が非常に迅速

総体的に見てバイク比較.comは、利用者が出品する中古バイクをいかに好条件で買取業者に売却するかを工夫している印象があります。

他にもバイクの買取一括査定サイトはたくさんあるので、より高いサービスを目指しているのでしょう。

サポートサービスも洗練されていて、買取相場データの公開や24時間以内の連絡などによって、早い場合では申し込んでからその日のうちに売却できる人も少なくありません。

特殊なバイクや人気のあるバイクであればバイク買取店がおすすめ

ここまで当サイトがおすすめしてきた「買取一括査定」ですが、所有しているバイクの条件によってはベストではないケースもあります。

それは、めずらしい車種などの特殊なバイクや、大ヒットした車種で中古市場でも高い人気のあるバイクを所有している場合です。

平均的で多くの人に需要のあるバイクならば、買取一括査定を利用し、それ以外のレアな場合ならば「バイク買取店」を利用しましょう。

以下に人気が高く評判のいいバイク買取店を3選ピックアップしておきます。

■1位:バイクワン

『バイクワン』は中古バイクの買い取りに定評があります。

一般的な買取一括査定サイトとはまた違った査定基準が設けられているので、マニアが納得する売却価格を提示されることも多いのです。

バイクワンの特徴

アメリカンバイクなどは、車体価格を上回るようなカスタム費用をかける人も多いですが、一般的な買取サイトではそれらを"ノーマル"に戻して販売することが多くなります。

すでにノーマルパーツがない場合もありますし、せっかく費用をかけて行ったカスタマイズが全て無駄になるのは、バイク好きには悔しい話ですね。

バイクワンならば、カスタムパーツそのものの価値も含めて査定してくれるので、カスタムマニアには嬉しい買い取りサービスです。

ハーレーなどカスタムすることが多いバイクを所有している方におすすめできます。

出張査定してくれるので、バイク店に行く手間を省くこともできます。

  • 費用・・・無料
  • 支払い・・・当日に現金にて支払
  • 出張の有無・・・出張あり
  • 売却完結までの時間・・・2週間以内
  • 買取対象・・・カスタム車、不動車、事故車、ローン中のバイク
  • 手続き・・・全て代行してくれる

バイクワンは不定期に買取強化キャンペーンを行っており、3万円のキャッシュバックサービスなどがあるので、まずはホームページを閲覧してみましょう。

■2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。

バイク売却希望ユーザーからの信頼もあり、使いやすいバイク買取店としても知られる存在です。

バイク王の特徴

バイク王は専門の査定員が自宅まで出張し、適正価格を算出してくれるので、動かなくなったバイクでも申し込むことが簡単です。

査定額に関してはかなり口コミ評価が高いようです。

  • 費用・・・無料(リユース料がかかる場合がある)
  • 支払い・・・3万円以下なら当日現金支払、それ以上なら後日振込み
  • 出張の有無・・・出張あり
  • 売却完結までの時間・・・約3週間
  • 買取対象・・・カスタム車、不動車、事故車、ローン中のバイク
  • 手続き・・・全て代行してくれる

一括査定やオークションを使わない場合での高額売却事例が多いバイク王は、手間をかけたくないけど少しでも高くバイクを売却したい人に向いています。

■3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。

また、一部で人気の衰えない過去の名車(旧車)は、オークションでは値段がつかないことも多いですが、バイクBOONならば高額で買い取ってくれる可能性が高いです。

バイクBOONの特徴

一般ルートでは値段のつきにくいレアな価値があるバイクを持っている人に最適な査定基準を持っています。

また、中古市場は高額車両の値段落ちが激しいものですが、バイクBOONは独自の販売ルートを持っているために、ユーザーの希望に近い値段を算出してくれることが多いようです。

これまではハーレーなどのマニアックな車種は、専門店へ持っていかなけれれば売却は難しかったのですが、ネットを使ってスピーディーに売却できるバイクBOONなら売却をすることができることから、一部のマニアに注目されているサービスです。

  • 費用・・・無料
  • 支払い・・・全額現金支払
  • 出張の有無・・・出張あり
  • 売却完結までの時間・・・1~2週間
  • 手続き・・・全て代行してくれる

サイト内には「自動査定システム」があるので、まだ売却を迷っている人でも気軽に利用し、納得のいく金額が出そうな場合のみ次の手続きに移行していくことができる手軽さもメリットです。

バイク査定前に知っておきたいこと

手持ちのバイクを売却する前に、知っておいたほうがいい知識がいくつかあります。

多くの人がバイクを購入する際には、神経質にいろいろなことを調べるものですが、いざ"売却"となると相手任せにしてしまい、本来よりも安い価格で売却しないように注意しましょう。

バイク高額査定のコツ

自分のバイクをより高額で売却するためのコツは、なんといっても"売却先選び"です。

一般的に人気のあるバイクならば買取一括査定が向いていますし、大型車や外国車・カスタム車ならばバイク買取店に向いている場合があります。

一方、個人売買で売る場合には相手によって上下の差が激しく、相場以上に売れることもありますが、相場以下になることもあり、また名義変更などの手続きの処理をしなくてはならないという煩わしさと難しさがあります。

どちらにしろ、まずは「どこで売るか?」ということがバイク売却での高額査定のコツだと言えるでしょう。

そして、売却前にバイクに対してすることも重要です。

これは一般の方でもすぐに思いつくことですが、「できるだけキレイな状態にして売る」ということです。

反対にこちらがバイクを買う側になった場合を想像すれば、それは理解できるはずです。

清掃はもちろん、簡単な修理なども済ませてから販売するほうが、高額査定を得ることができます。

また、複数の買取業者が参入してくるようなオークションタイプの買取一括査定では、どれだけお金をかけたカスタムよりも、ノーマル車が好まれることが一般的です。

なので、カスタムした部分はノーマルパーツに戻して出品するということも大切になります。

ハーレーなどのカスタムされたバイクに価値がつくものに関しては、そういった車種に強いバイク買取店(サイト)を選びましょう。

最後に最も気をつけたいのが、「バイクを売る時期」です。

乗らなくなったバイクを所有していて、このサイトを読んでいる人は、日に日にバイクの価値が下がっていることを知っておくことが大切です。

ほとんどのバイクは、年式が新しいほど価値があり、古くなるいにつれて価値を低下させてしまいます。

たった1年で何万円も価格は下がってしまうものですので、思いついたらすぐに行動することが大切なのです。

不動車や事故車は買い取りしてもらえる?

中には「不動車」、あるいは「事故車」を所有しているケースもあるはずです。

バイクはスクラップ処理をするのにも費用がかかりますから、ついつい放置してしまうケースが多いようです。

こういったバイクでも、バイク買取一括査定やバイク買取店で買い取ってくれる場合があります。

事故車では安い査定しかつきませんが、ただ放置していたことで久しぶりにエンジンをかけたときに動かなかった、というケースでは高額な査定になることもめずらしくありません。

動かないからスクラップの道しかないと思われがちですが、実はそんなこともないのです。

また、不動車を売却」する際にも、前述と同じ理由で「早く売る」ことが高額査定を受けられるコツです。

キャブレター内の腐食が原因でエンジンがかからない場合でも、専門的な清掃で治ることもありますが、放置期間が長くなり過ぎるとキャブレターごと交換しなければならないために、その分査定も安くなってしまいます。

動くバイクでも不動車でも、いち早い売却が得をする秘訣ということになります。

バイク査定とはどのように行われる?

バイクを高く売却するには、いかに良い査定をしてもらうかにかかっています。

バイクの査定は、新車を100とした「減点方式」で査定されます。

査定書を見てみても、バイクをかたどった白紙の図に、査定員が検査をしながらどんどんマイナス要素を書きこんでいく様子を見ることができます。

次のような項目を査定員はチェックしているのです。

  • 年式と使用年数
  • 走行距離
  • フレームの歪み
  • 転倒痕
  • フロントフォークの動きと歪み
  • エンジンの調子
  • オイル系の漏れやパイプの劣化
  • 外観の傷、塗装のコンディション
  • タイヤ、ブレーキシューなどの消耗品のチェック
  • カスタム履歴

バイクに乗れば乗るほど車体は劣化するのは当然ですし、市場価値の観点からも、まずは年式と使用年数からチェックをします。

もちろんメンテナンスを怠らず、大切に乗っていればその分修復されて良い状態のままですから、高額な査定になるでしょう。

通常はエンジン内の状態よりも外観の劣化の方がマイナスポイントは大きくなるとも言われています。

また、車検の問題や市場価値から「純正部品」が残っている方が、一般的には高額査定になります。

しかし、外国車や大型車などは家のリノベーションと同じで、カスタムした分だけ価値が高まるケースもあります。

結局一括査定と買取店のどっちが良いか?

ここまでいくつかのバイクの売却方法を解説してきましたが、いったいどちらが良いか迷われてしまっている人もいるのではないでしょうか?

これは、どれだけバイクと中古バイクの市場を知っているか、あるいは手続きなどの知識があるかなどによって違ってきます。

とくにこのサイトで推奨している売却方法は「バイク買取一括査定」と「バイク買取店」の2つです。

2つの売却方法を比較してみました。

●バイク買取一括査定

  • 利用しやすさ・・・◎
  • 売却までの手間・・・◎
  • お試し査定・・・◎
  • 交渉の難易度・・・◎
  • 買取価格・・・◎
  • 連絡頻度・・・△
  • 対応車種・・・△

●バイク買取店

  • 利用しやすさ・・・◎
  • 売却までの手間・・・△
  • お試し査定・・・△
  • 交渉の難易度・・・×
  • 買取価格・・・○
  • 連絡頻度・・・◎
  • 対応車種・・・○

トータル的に見て、ある程度コンディションのいいメジャーなバイクをお持ちならば、バイク買取一括査定に軍配が上がります。

事故車や不動車・カスタム車やめずらしいバイクをお持ちならば買取店のほうが柔軟に対応してくれるでしょう。

まずは一括査定をしてみては?

長年バイクを所有していても、多くの人が中古バイク市場で自分のバイクがどれだけの価値があるかを知らないはずですが、少しでも高く売るためにはある程度の知識が必要です。

インターネット売られている中古バイクの値段などを見ても、正確な売却価格は分かりません。

なので、バイクの市場価値を知るためにも、まずはバイク一括査定を利用してみてはいかがでしょうか?

バイク店にバイクを持っていき、そこで査定をしてもらうと、そのまま値段交渉になだれ込んでしまい、何もしらないまま売却・・・といったことにもなりかねません。

これではより高くバイクを売るという目的が達成できないのです。

ネット上で値段を調べる一括査定ならば、値段が気に入らなければワンクリックでキャンセルすることもできるので、初心者にはおすすめな方法です。

売るか売らないかがまだ決定できていない人も一括査定が向いています。

複数の一括査定を利用してみたりすると、最高額の限界も自然と見えてくるでしょう。

バイク買取店をすすめる場合

外国車・不動車・事故車・カスタム車などでは、一括査定で受け付けてくれなかったり、二束三文の値段しかつかないケースもあります。

そういった場合には、一括査定を離れてバイク買取店を数店当たってみましょう。

インターネットを利用すタイプのバイク買取店ならば、一括査定サイトと同様に査定をしてもらっても売却をキャンセルすることはできますし、複数のサイトで査定してもらって値段交渉をすることもできます。

とくに費用をつぎ込んだカスタム車ならば愛着もあるでしょうし、少しでも高く売却したいはずです。

バイク買取店ならば、マニアックなバイクでも値段をつけてくれるのです。

まとめ

ご覧のように、バイクの売却は購入のときよりもいくつも方法があり、知識がないと損をすることになります。

昔はインターネットの一括査定サイトやバイク買取店がなかったので、多くのバイクユーザーが売却時に買い叩かれていたのです。

日本のバイクは性能が高く、海外にも販路が広がっている現状ですので、スクラップだと思いこんでいた自分のバイクが、国際的に思わぬ価値があるケースも少なくありません。

乗らなくなったバイクを所有している人は、あきらめずに査定を申し込み、少しでも高く売却できるようにチャレンジしてみましょう。

The following two tabs change content below.
Ayumi
こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古い!)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

 

TOPへ戻る