ライディング関連

トラクション

2016/1/27  

リヤタイヤが地面を蹴って車体を前に進ませようとする力。速く走るためには常に安定したトラクションが必要になります。

セルフステア

2016/1/5  

セルフステアとは、バイクをバンクさせると勝手にハンドルが切れることを言います。

ジャックナイフ

2016/1/1  

ジャックナイフとは、アクション・ライディングの一つで、バイクの前輪に全荷重をかけロックさせ、後輪を持ち上げるテクニックをジャックナイフといいます。

クリッピングポイント

2015/12/25  

クリッピングポイントとはコーナリングラインにおいて、一番コーナーの内側に近いポイントのことを指す。またはコーナーを脱出するときに、アクセルを開けることができるポイント。

押しがけ

2015/12/14  

押しがけとはギアをローに入れ、クラッチを切ったままマシンを押し、ある程度の速度が出たらクラッチを繋ぎエンジンをかけるというスタートの仕方を押しがけといいます。

エンジンブレーキ

2015/12/8  

エンジンブレーキとは、アクセルを戻したときに生じる抵抗によりブレーキがかかったようになります。

ウイリー:wheelie

2015/12/7  

ウイリーとは、前輪を空中に持ち上げたまま、後輪だけで走行すること。

目線

2015/10/7  

目線とは、バイクに乗っているライダー見ている方向、視線の方向。

ニュートラルステア

2015/10/6  

にゅーとらるすてあ

ニーグリップ

2015/10/6  

バイク乗車姿勢の基本の一つニーグリップは、膝を中心とした内股全体でタンクやステップを挟み、下半身の安定を保つことです。

革ツナギ・レーシングスーツ

2015/10/5  

革ツナギとは、ライダーがサーキットを走るときなどに着用しているレーシングスーツのこと。サーキット走行をするときには必要になります。

ハイサイド

2015/10/1  

ハイサイドはバイクのコーナリング中、グリップ力が低下しているとき、またはスリップ気味の時、何らかの要因でタイヤのグリップ力が急に大きくなり、突然バイクがコーナーの外側に向かって倒れる現象のことです。

バーンナウト

2015/9/29  

静止した状態からいきなり高回転でスタート・ダッシュするために、後輪を空転させ白煙を立てるテクニックをバーンナウトと呼びます。

カウンターステア

2015/9/28  

カウンターステアはバイクがコーナリング中にアクセルオンで後輪が外側にふくらんでしまったときに、スピンをしないようにバランスを取るためにハンドルをコーナーの外側に向けること。またはそのような状態を示します。

リーンウィズ、リーンイン、リーンアウト

2015/9/26  

リーンウィズ、リーンイン、リーンアウトとはコーナリング中のバイクに対してのライダーの姿勢を表す。

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.