ライディング関連

トラクション

投稿日:2016年1月27日 更新日:

バイク用語辞典管理者 疑問

バイクにおける「トラクション」とはリヤタイヤが地面を蹴って車体を前に進ませようとする力。

オートバイが速く走るためには常に安定したトラクションが必要になります。

この場合のトラクションをかけると言うことは、コーナリングからの立ち上がりということになるでしょう。

ブレーキングからバイクをバンクさせて、コーナーに侵入します。このときクリッピングポイントまではアクセスはオンでもオフでもないパーシャル状態を保ちます。

クリッピングポイントでバイクがコーナー出口にキチンと向いた時アクセルを開け始めるわけです。

コーナリングの終了、クリッピングポイントからアクセルオン時の立ち上がりに重要な要素と言えばトラクションです。

トラクションとは最大駆動力と言うような意味を持つ言葉です。

ちょっとここではエンジン出力がタイヤを介して路面に出力を伝える効率という意味で考えてみましょう。

トラクションの高い状態とはすなわち高い効率で路面にエンジン出力を伝えている状態であり、低い状態とはその逆です。

バイクが直立して、走っている時はいくらアクセルを開けてもリアタイヤはスピンやスライドをしません。

トラクションの高い、低いはどのように決定されているのでしょう。

エンジン出力を一定と考えトラクションに関係する外的要素を考えてみましょう。トラクションを生み出すアクセルを踏むとき加速Gが働きます。

そしてアクセルあけるのはコーナリング途中であるクリッピングポイントあたりでしょうからもちろんバイクに横Gも加わっている事になります。

このときタイヤにはスリップアングルもあるため、必要以上にアクセルを開けるとタイヤのスライドという結果になりバイクを前に進めることにパワー使うことができません。

アクセルを開ければあけるほどその状態は顕著にスライドという形で現れます。

このとき、トラクション(バイクを前に進めるための力)は・・・

  • タイヤのグリップ力
  • 適切なサスペンションセッティング
  • 適切なバンク角
  • 適切な荷重配分
  • バイクに応じた乗り方
  • それをこなすことができるライダーの技量

・・・などが必要になってきます。

また、これとは別にバイクのトータルの性能、主にバランスの取れた剛性なども重要な項目になってきます。

いかにバイクの車速を落すことができるかのブレーキングと同様に、いかにバイクを進行方向に対して進めることができるかのトラクションについては、我々ライダーの永遠の課題ですね。

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-ライディング関連

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.