チャンキング

チャンキングはトレッドがタイヤ本体から剥離し、ちぎれたようになることをいいます。

タイヤの地面と接触する部分をトレッドといいます。

トレッド部分はゴムで作られており、そこには溝(トレッドパターン)が刻まれています。

チャンキングが発生する原因として、バイクを高速走行させることによりタイヤの表面温度が高くなるために起こるトレッドの剥離のことです。

また、スポーツ走行向けのタイヤのように、タイヤのコンパウンドが柔らかいために発生する場合もあります。

タイヤの表面温度が高くなると発生しやすくなるので、夏のように路面温度が高温のときに発生のリスクが高くなるのは事実ですが、むしろ気を付けるべきはタイヤの空気圧不足です。

バイクタイヤのメンテナンスの不備による原因の時もあります。

特にタイヤの空気圧が低い状態などは要注意です。

特殊な例としてはバイクの加重オーバーの状態で高速走行を行うと、
タイヤの発熱量が異常に上昇しますのでチャンキングが起こりやすくなります。

対策としてできることは、日ごろからのタイヤチェックというオーソドックスなものに尽きます。

タイヤメンテナンスといっても大したことをするわけではありません。

常に、劣化や空気圧の確認を何気なく目視するくせを付けましょう。
そして、出発時の目視やガソリンスタンドによった時などのチェックなどをこまめにやることがいいでしょう。

また、長期間乗らないときはタイヤの劣化を防ぐために本体をリフトアップしておくのがいいようです。

リアスタンド

このようなリアスタンドはリアタイヤ劣化を防ぎます。あなたのバイクにセンタースタンドがあれば、センタースタンドを立てるのも良いですよね。

デイトナ(Daytona)
¥8,608 (2019/11/22 12:25:52時点 Amazon調べ-詳細)

ちなみにフロントスタンドは単体で使うことはできません。フロントスタンド単体ではバイクを支えることができないので、必ずリアスタンドと一緒に使いましょう。

長期間バイクに乗らない場合もスタンドアップしておくことにより、タイヤの劣化を防ぐことができます。

デイトナ(Daytona)
¥8,905 (2019/11/22 12:25:53時点 Amazon調べ-詳細)
バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!