パワーバンド【エンジンの最適回転数・トルクバンドとの違いは?】

パワーバンドとは、エンジンが最も効率よく力を発揮できる回転域のことです。

一般的にエンジンの最大トルク発生回転から最大馬力発生回転の間のことを指す場合が多いようです。

例えば、5000回転で最大トルク、8000回転で最高出力を発揮するエンジンなら、その間の3000回転分がパワーバンドといえるでしょう。

また可変バルブのエンジンでは、切り替え後のハイカム領域を指すことが多いようです。

このパワーバンドを使って走ることでエンジンの出力性能が最大限発揮されます。

トルクバンドとは?パワーバンドとの違いは?

さてパワーバンドと合わせておぼえておきたい「トルクバンド」というものがエンジンの特性にはあります。

トルクバンドとは、言い換えるとエンジンにとって、もっとも効率よく混合気を燃焼させられる回転数と言えるでしょう。そして、トルクバンド付近では、エンジンが一番大きな力を発生します。

それに対するパワーバンドとは、トルクの低下を回転数で補える限界とも言えます。エンジンは高回転になると様々なロスが発生します。その落ち込んでしまったトルクを回転数で補っている回転領域なのです。

パワーバンド・トルクバンドの走りでの使い分けは?

レースやスポーツ走行などでパワーバンドを使うのは、トルクバンドで走行するより、ギアを一つ落としてパワーバンドに入れるほうが加速が良くなるからです。

ということはパワーバンドで加速を得るにはギアを落とさなくてはいけません。すなわち、燃費の上ではロスが大きくなります。

一方、(シフトダウンしないで)同じギアで走っている場合、パワーバンドよりトルクバンドの方が加速が良いようです。

公道を走る場合、回転数を無駄に上げないために、パワーバンドに入れて走るのは、それはそれで楽しいですが、一般的な走行ではトルクバンドを意識して走行することをオススメします。

まとめ

パワーバンドやトルクバンドを意識してバイクで走ることは、なかなかないでしょう。

しかし、信号の変わり目で先頭に出たい場合や高速道路の流入やレーンチェンジ、追い越し加速などではバイクの加速を活かしたいもの。

そんな時はアクセルワークで、ぜひともこのパワーバンドを考えて見てはどうでしょう。

とくに小排気量エンジンのバイクほど、このパワーバンドを活かす走りはオートバイの性能を存分に引き出すことができます。

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!