チャンバー(2ストロークエンジン・2スト)

バイク用語辞典管理者

2ストロークエンジンのバイクに見られる中央部が膨らんだ形状のエキゾートパイプ。

この膨らんだ部分をチャンバーといいます。

いっしょくたにマフラーと呼んでしまいそうですが、実はとても重要な固有の機能を果たしているのです。

これは排気効率をよくして、エンジンの性能を引き出すために作り出された形状なのです。

そもそもチャンバーとは部屋という意味。

バイクのチャンバーは膨張室のことになります。

2ストロークエンジンは排気しながら吸気もしており、簡単にいえば新しく入ってきたガソリン、つまりこれからまだ使える燃料まで排気として出してしまうこともあります。

排気側に行った未燃焼分を押し戻そうとするのがチャンバーの役割。

膨張室のおかげで消音効果もありますが、あの湾曲した形状で使える燃料を跳ね返し、燃焼室に戻すという燃料効率に関わる重要な仕事を行っているのです。

2ストロークエンジンにおいて排気系の果たす役割は、4ストロークエンジンに比べてかなり重要です。

2ストロークエンジンにおいて混合気は燃えてしまえば終わりではありません。

2ストロークエンジンは排気しながら吸気(掃気)しているのですが、流れている気体には慣性があるので、せっかくシリンダー内に入った新気(混合気)が勢いあまって排気ポートまで出ていってしまうのです。

また給気効率を上げるためにはある程度のスピードで混合気を流して、排気側にはみ出た分を押し戻すということが必要になってきます。

その役割をチャンバーがやります。具体的には排気脈動を利用します。

圧力波がパイプなどを伝わる時、先端が開いた状態ではそこで位相が反転して反射します。先端が閉じた状態では圧力波の位相はそのままで反射します。

排気圧力波(正圧波)が伝わってきて先広がりのテーパー部分に達すると、そこで負圧波となって排気ポート側に戻っていきます。

これによって排気ガスをシリンダー内より引っ張り出し、さらに新気を積極的に引き込みます。

そしてまた閉じテーパー側で反射した正圧波の作用により排気側にはみ出た新気を押し戻すのです。テーパー状になっているのは同調回転域を広く取るためです。

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!