チタン(材料・金属)

バイク用語辞典管理者

チタンという名の金属は、現在ではすっかり世の中に浸透しています。

地球を構成する成分の一つであり、自然界には豊富に存在しています。

しかしながら、鋳造や溶接、切削、プレス成型などの加工が難しいため、鉄や銅などの金属と比べると、私たち生活で使われるようになったのは最近といえます。

軽さや強度がバイクに向いているために、マフラーなど色々なパーツに使われています。

軽い、強い、錆びないというその特質からバイクではエキソート・システムを始め様々なパーツに用いられています。

チタン材料には純チタンとチタン合金の2種類があり、バイクのパーツに使われるのもチタン合金が主です。

優れた特質のほか、独特な味のある色味、人間の肌に対するアレルゲン性が低いなど、加工の困難を克服してでも有効に利用したいとされる将来性のある金属です。

チタンは、1910年に生まれました。

チタンという名前は、ギリシャ神話のタイタン(巨人)からとりました。

重量は1cc当たり4.5gと鉄の約6割と軽いのですが、丈夫で錆びにくく、しかも、人間の肌に触れてもアレルギーを起こさないとても優しい金属です。

チタンは熱にも強くて融点は約1,670℃です。、鉄の融点よりも高いのです。

熱の伝わりはステンレス鋼と同じぐらいですが、重さは約半分で、とても扱い易い金属です。もちろん、毒性は有りません、汚れ落ちもとてもスムーズです。

チタンは材料学的には、αチタン、α+βチタン、βチタンの3種類に分類されます。

具体的な品種は

  • αチタン:純度の高い純チタン
  • α+βチタン:Ti-6Al-4V 合金
  • βチタン:Ti-15V-3Cr-3Sn-3Al 合金

α+βチタン、βチタンをまとめてチタン合金といいます。

因みにマフラー・メーカーで有名なスロベニアのアクラポビッチでは、神戸製鋼製の特殊チタン合金が採用されています。

AKRAPOVIC フルエキゾーストマフラー レーシング(チタン) JMCA対応

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!