バイクパーツや材料

チタン(材料・金属)

2016/1/9  

チタンという名の金属は、現在ではすっかり世の中に浸透しています。チタンは熱にも強くて融点は約1,670℃です。、鉄の融点よりも高いのです。

バルブ・ムシ

2015/10/7  

タイヤのチューブに入れたエアの内圧によって空気が漏れるのを防ぐパーツです。

カプラー

2015/10/5  

バイクパーツの交換や整備性を高めるため、電装の配線を簡単に付けたり外したりできるようにしたソケット状のパーツをカプラーといいます。

鍛造(たんぞう)

2015/9/29  

鍛造とは金属加工の一つで、ハンマーで叩くなど外部から強い圧力を加え金属内部の隙間をなくし、結晶を微細化し、結晶の方向を整え強度を高めつつ目的の形状にすることです。

ガスケット

2015/9/28  

ガスケットとはバイクのパーツとパーツの接続部から空気や燃料の油が漏れないよう気密性を持たせるためのパッキンです。

カーボン

2015/9/14  

カーボンファイバーともいわれるカーボンはアクリルや石油、石炭などを高温で炭化して作られた繊維です。

ワッシャ

2015/9/13  

ワッシャはボルトやナットをはめるときに、かませる真ん中に穴の開いた丸く薄い部品。

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.