スタンディングウェーブ

バイクで高速走行をした際、空気圧の低いタイヤだと、不規則に路面に揉まれるような状態となり、歪みや変形が起こり、短時間でバーストを起こす危険が高くなります。

これをスタンディングウェーブ現象といいます。

バイクで高速道路などでの高速連続走行はタイヤへの負荷が大きくなります。そこでタイヤ空気圧が低下しているとタイヤのたわみ(変形)が大きくなります。

詳しく説明すると、空気圧が低いと、タイヤと路面の接する接地面は大きくなります。

高速なので接地でへこんだ形が元に戻らないうちに一周して次の接地タイミングが来てしまい、へこまそうとする力(歪み・変形)とタイヤが戻ろうとする力のバランスが崩れてしまうのです。

連続したタイヤのたわみによりタイヤが発熱し、最後にはバーストしてしまいます。このような現象を「スタンディングウェーブ現象」といいます。

バーストにいたらなくてもホイールからのセパレーション(はく離)を起こすなどの危険もともないます。

タイヤは円形ですが、路面とは線でなく面で接地します。

タイヤが回転している時もこの接地部の変形と復元が繰り返されています。

バイクが高速走行になってタイヤの回転が早くなると、この変形は接地が終わっても復元しないで、接地部後方に振動の波となって残ります。

この波打ち現象を「スタンディングウェーブ現象」といいます。この現象が発生したタイヤは、ころがり抵抗の著しい増加と温度の急上昇によって、タイヤの破壊を招きます。

繰り返す接地、つまり歪みは波となって伝わり、その波の伝わる速さよりタイヤの回転速度の方が速い場合、二つの波は重なり更に大きな波となってタイヤを変形させますが、車軸を伝わっては行かないので、ドライバーはこの現象になかなか気づきません。

そのためにも、タイヤ圧は常にチェックすることが大切です。

バイクのりにとってタイヤの空気圧調整は走りに行く前の重要な点検項目です。エアーゲージはひとつ取り揃えておくといいでしょう。

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!