現象やその他

フェード

投稿日:2015年11月30日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

フェードとはどのようなものでしょう。バイクを峠道などで走っていてブレーキを多用しすぎるとブレーキが効かなくなるフェード現象といいます。

緩く長い下り坂などで、ブレーキを多用するうち、ブレーキの効きが悪くなることをフェードといい、バイクを峠道などで走っていてブレーキを多用しすぎるとブレーキが効かなくなる事です。

熱でブレーキのパッド及びシューがやけてしまって、ブレーキが効きにくくなります。放熱性に欠けるドラムブレーキで起こりやすいようです。

ブレーキで発生した熱は、通常放熱され、速やかに温度は下がるのですが、長く連続した使用により放熱が間に合わなくなります。

そこで過熱し、摩擦力、即ちブレーキの効きが弱まってしまうのです。

摩擦力によって動力を抑止するブレーキは、言い方を変えれば運動エネルギーを熱エネルギーに変えるしくみのものです。

摩擦材であるブレーキパッドは使いすぎると温度が上昇します。一定以上の温度になるとブレーキパッドの摩擦材成分が分解されてガスを発生します。

そのガスがブレーキローターとの間で一種の潤滑剤となってしまい、ブレーキがききにくくなります。

ブレーキにはブレーキシューを用いるドラムブレーキと、ブレーキパッドを用いるディスクブレーキがあります。

ドラムブレーキは作動力に対する抑制力が強く、ブレーキとしては非常に優れているのですが、ディスクブレーキに比べ放熱性が低く、更に水や泥の付着による制動力低下からの立ち直りが遅いなどの短所もあります。

放熱性の低さから、過熱に至りやすく、ひいてはフェード現象を起こしやすくなります。

1980年代ごろからは小排気量のバイクについてはディスクブレーキへの移行が進みました。

同じようにブレーキの使いすぎの熱できかなくなる事は同じですが、ブレーキフルードの沸騰が原因であるベーパーロックとは根本的に違います。

純正以外のプレーキパッドはパッドに使われている材質によって使用用途が違ってきます。基本的にはメーカー純正を使用しますが、使用用途によってはパッドを変えてみるとよい結果が出る時もあります。

パッドを変えるときには、車種により違いますので適合表をよく確認をしましょう。

デイトナ(Daytona)
¥2,820 (2019/08/22 16:34:03時点 Amazon調べ-詳細)

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-現象やその他

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.