インジェクター

インジェクターの特性やキャブレターとの違いを記しています。

以前は吸入空気量に対してガソリンが吸われ、ガソリンと空気の配分をキャブレターで調整していました。

これが2000年あたりを境にインジェクターのバイクが登場します。

インジェクター技術解説

インジェクターは必要な燃料量を電子制御で噴射するので、最適な燃料が出せることにより燃費がよくなります。また、ガソリンを霧化するため燃焼効率が上がります。

よって排気ガスの規制上、インジェククター化がすすむこととなりました。キャブレター搭載車は軒並み生産中止となってゆきます。よって販売を継続するにはインジェクターに変更することとなります。

現在、多くのバイクが排ガス規制により生産中止に追い込まれています。しかし、また人気車種はエンジン刷新により新型モデルとしても再発売されているものもあります。

インジェクター搭載車の注意点

各メーカーは1997年式まではキャブレター、1998年式からはインジェクションと同じバイクでありながらキャブレターとインジェクションにわかれているバイクが多くあります。では、同じ車種なのに、インジェクターとキャブレターではどのような違いがあるのでしょうか?

大きくはアクセルの応答性が敏感な場合や、反応が大きい車種が多いです。インジェクションモデルは開発の日数や歴史が浅いためキャブレターに比べると、ガソリンと空気の調整幅が小さく、微妙なアクセル開度でも敏感に反応する性質のモデルが多いと感じます。

運転中、アクセルを開けると加速しすぎたり、アクセルを緩めたら減速しすぎたりする場合があり、ギクシャクした走りになってしまうことがあります。注意が必要です。よってキャブレターから切り替えられた、インジェクター搭載車を購入する場合は、あらかじめ試乗することをお勧めします。

キャブレター搭載車の注意点

逆にキャブレター搭載車を購入する場合の注意点ですが、インジェクターに比べると、キャブレター内でガソリンが溜まっている性質上、キャブレター内でガソリンが劣化し、エンジンがかかりにくいという事例が多く、キャブレター内にガソリンを長く蓄積させないよう管理が必要となります。

冬の間はあまり乗らない人は購入を控えたほうが良いといえます。また、ゴムパッキン類の劣化、目詰まりを起こす等のトラブルがあるため、定期的なメンテナンスが必要となります。複数気筒の場合はキャブレターの同調が必要となります。

価格が安い年式が古いバイクなのに、メンテナンス代が余分にかかってしまいます。

まとめ

排ガス規制により、現在はインジェクターのバイクが多いと思いますが、キャブレター搭載のモデルが存在する車種のインジェクター搭載車は、アクセレーションの開け閉めにバイクがどう反応するか、ギクシャクしないか試乗して確認が必要です。

キャブレター搭載車は電子制御ではない分、電気系トラブルが少ないメリットがありながら、バイクを頻繁に乗っていないと、ガソリンが劣化し、調子が悪くなったりエンジンが掛かりにくくなったりといったデメリットがあります。

年式が古く安い分、メンテナンス代金が多くかかることを知っておいたほうが良いでしょう。

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!