バイク用語辞典レースやサーキット関連, か行 > 逆バンク

逆バンク

コーナーの半径の割に路面に傾斜が少ない、もしくは傾斜が無いようなことを逆バンクといいます。

サーキットなどではコーナーを安全かつ曲がりやすくするために、通常外側から内側にかけて角度が低くなるようにバンク、 つまり傾斜になっています。

逆バンクとは、その角度が付いていなかったり、コーナーの内側角度のほうが逆に高かったりするコーナーのことをいいます。

ちなみに鈴鹿サーキットの逆バンクの場合は、ほとんど傾斜はついていません。

鈴鹿サーキットの逆バンク

この鈴鹿の逆バンクを高速で進入してくるライダーやドライバーの目には、逆バンクがついてるような錯覚を起こすらしいとのことです。

公道でも、実はこの逆バンクはたくさんあります。通常の峠道などは水はけの問題より路肩が下がっている場合が多いです。

また、市街地でも右折や左折をした時すぐに上り坂の場合は状況により逆バンクとなります。スピードがのっていたりバンクしている時間が長かったりすると上り坂に対しての自分バイクが一瞬逆バンク状態になります。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/210circuit/post_153.html" target="_blank">バイク用語辞典:逆バンク</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページは逆バンクです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.