レースやサーキット関連

ハングオン・ハングオフ

投稿日:2016年4月1日 更新日:

バイク用語辞典管理者 注目

ハングオン・ハングオフはバイクのライディングフォームの一つです。

コーナー進入時に腰をコーナーのイン側に落とし重心をずらすことによりバンク角を増やします。そして通常のフォームよりも速いスピードでコーナーを回る走行法です。

バイクにぶら下がっているように見えることからハングオンと呼ばれます。

1980年代、アメリカのGPライダーであるケニーロバーツが取り入れたライディングフォームです。

このようにサーキットなどのロードレースシーンではよく見られるハングオンですが、一般道でこのようなフォームで走るには問題があります。

サーキットなどのクローズドされた場所で対向車もなく視界が遠くまで見通すことができます。また、イン側に壁など視界をさえぎるものもありません。

しかも決まった所だけを走行するのであれば非常に効果のあるフォームであると思います。

しかし、一般道にはさまざまな危険があります。コーナーの出口にはさまざまな危険があります。まず、見通しがあまりよくありません。

また動物が出てくることもあるでしょう。もしもコーナー途中で急な進路変更をしなくてはならなくなった場合、ハングオンの状態ではフォームを逆にして危険を回避をする時、身体の移動に時間がかかります。

ちなみにハングオンではバンク角を調節するためにレーシングスーツ(ツナギ)の膝の外側を路面に擦って走ることが多発します。

現在のレーシングスーツのほとんどにはこの部分にプラスティック、あるいは皮製のバンクセンサーと呼ばれるパッドがついています。

膝擦りを峠道などで試みる峠ライダーも多いのですが、ヒザを擦りを目的としてスムーズな重心移動にはならない場合が多いのです。これを「無理膝」などといいます。公道では安全運転を心がけましょう。

2017MotoGP公式DVD Round 8 オランダGP

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-レースやサーキット関連

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.