バイク査定・売却した体験談

ホンダNSR250を「レッドバロン」に査定・売却した体験談・口コミ

投稿日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はホンダNSR250を乗っていた「のっちさん」にNSR250をレッドバロンに査定、売却をした体験談を聞くことができました。

NSR250をなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?

そして、もっとも気になるNSR250をなぜ売却することにしたのか、どこのバイク買取業者に査定を依頼して、結果どのくらいの売却額だったのか?

同じような年式やバイクの査定・売却を考えている方も気になる体験談ではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
のっちです。男・34歳です。
愛車を教えて下さい。
ホンダ HONDA NSR250の1991年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2007年に「レッドバロン」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金、中古乗り出し30万円です。
NSR250を購入した理由や動機を教えてください。

高校生の時から、原付(Dio)に乗っていましたが、同級生がNS-1に乗り始めたことがきっかけでマニュアルのバイク、とりわけ高速に乗れるサイズのバイクに憧れがありました。そんな中、実家近くの峠へ行った際、NSR250に乗る若い方とお話しする機会があり、大学生になったらNSR250に乗ろうと決めていました。

大学へ進学し、バイク屋を数件巡ったのですが高価で買うことができず悩んでいたところ、ヤフオクで状態の良い車両をやむなく手放さなければいけない方と知り合いました。実車を確認しても問題なく、個人売買だったことから購入することができました。

それからは、NSR250を自身で整備をしながら6年間乗り続け、売却に至りましたが、今でも手放さなければ良かったと思う名車です。

どちらのバイク買取業者に査定・売却をしましたか。
レッドバロンです。
愛車を売却した理由や動機をお聞かせ下さい。

NSR250は250ccだったこともあり扱いがとても楽で、一生手放すつもりもなかったのですが、知人とツーリングへ行った際に大型バイクを見ることも多くなり、大型免許も含め車両のステップアップを考えるようになりました。

バイクに求めるものは、初めはいかに峠を気持ちよく走ることができるかが主点だったのですが、長期間乗る間にツーリングが乗り方のメインとなっていきました。

普通自動二輪で乗ることができる車両でのツーリングももちろん楽しかったのですが、大型バイクの車重がある安定した走りはこれまでに体験したことがなく、周囲から話を聞くだけではなく自分のバイクとして乗ってみたいとステップアップを決意し、NSRを下取りに、隼へ乗り換えました。

今回のNSR250の査定額と売却額を教えてください。
査定額は15万円、売却額15万円でした。
今回のバイク売却や査定、売却額についての思いや納得度など、色々と教えてください。

NSR250の査定額については、転倒歴もありツーリング利用で2ストとしてはかなりな距離を走った車体でしたが、レッドバロンで次に車両を購入するという理由もあったことから、割引の意味も込めた下取り価格の増額をはじめから対応していただきました。

他店で見積もりを出した金額もここまでの金額ではなかったため、車両購入も含めレッドバロンでの売却となりました。

プレミアとなってしまった今ではもう少し値段がついていたのかもしれませんが、いい勉強ではなかったかと思っています。反省点としては、隼の購入を楽しみにしすぎた為に、もう少し下取り額の交渉をあまりしなかったことだと思います。

売却についての満足度と感想を教えてください。

失敗と思っています。

売却という意味では、金銭面ではないので正しい回答かどうかはわかりませんが、人生で初めて買った単車ということと、今でも乗っていて一番楽しかった車両だったということを加味すると、手放さずに乗り続けるべきではなかったのか、と今でも考えてしまうことがあります。

もちろん、今はその車体がどこにあるのかはわかりませんが、かなりのお金をかけてきっちり整備してあったこともあり、可能なことならば今でも買い戻したいと思います。

そういった意味で、自分の感じる車両価値と、一般市場で提示される車両評価額には大きな開きがあると思います。今なら、NSRの車両平均単価が上がっているので、満足のいく金額になると思います。

バイク用語辞典管理者

のっちさんありがとうございました!

NSR250を査定売却した貴重な話、本当に参考になりました。

皆さんにもNSR250、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の情景が浮かんだのではないでしょうか。

あなたのホンダ NSR250、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の参考になればうれしいです!

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-バイク査定・売却した体験談

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.