バイク査定・売却した体験談

ホンダ CBR400RRを「レッドバロン」に査定・売却した体験談・口コミ

投稿日:2018年1月26日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はホンダ CBR400RRを乗っていた「じゃばさん」にCBR400RRをバイク買取業者に査定、売却をした体験談を聞くことができました。

CBR400RRをなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?

そして、もっとも気になるCBR400RRをなぜ売却することにしたのか、どこのバイク買取業者に査定を依頼して、結果どのくらいの売却額だったのか?

同じような年式やバイクの査定・売却を考えている方も気になる体験談ではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
じゃばです。男・32歳です。
愛車を教えて下さい。
ホンダ HONDA CBR400RRの1994年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2005年に「近くのバイク屋さん」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金、中古乗り出し38万円です。
CBR400RRを購入した理由や動機を教えてください。

私がバイク免許を取得したのは大学1年生の時でした。最初に選んだバイクはカワサキのZZR400でフルカウルのスタイリングが非常に気に入っていました。

大学のバイクサークルにも所属しバイクライフを非常に楽しんでいました。ある日バイクサークルの仲間たちと日光にツーリングに出かけた時のことです。日光のいろは坂を走っていたとき、いろは坂の中腹で私は転倒をしてしまいました。

その際、私のバイクは後輩のCB400SFに接触し後輩も巻き込んでしまいました。私のZZR400はオイルパンからオイル漏れを起こし自走不可能の状態に。

一方後輩のCB400SFはクラッチレバーが多少曲がった程度で自走すること自体は問題の無い状態でした。

この時私はホンダの堅牢さに感動しホンダへの乗り換えを決意しました。

当時既に大型二輪免許は持っていたものの自身の運転技術に不安があったことフルカウルに乗りたい気持ちが強かったことからホンダのCBR400RRを中古車で購入することに決めました。

どちらのバイク買取業者に査定・売却をしましたか。
レッドバロンです。
愛車を売却した理由や動機をお聞かせ下さい。

私の購入したCBR400RRは規制後53馬力の車体でありながら中型車の中では動力性能に優れ、レプリカという性質上車重が軽く取り回しのしやすさから非常に気に入っていました。

CBR400RRに不満は一切なかったのですが、当時社会人一年目の私は仕事や人間関係に疲れ、かなりのストレスを感じていました。

ストレス解消のためプライベートを充実させたいという気持ちがあり大型二輪へのステップアップを決めました。

その際にCBR400RRには不満はないものの下取りをし大型二輪に乗り換えました。

今回のCBR400RRの査定額と売却額を教えてください。
査定額は25万円、売却額25万円でした。
今回のバイク売却や査定、売却額についての思いや納得度など、色々と教えてください。

CBR400RRは購入時走行距離1万km、査定時3万5千kmでした。

走行距離がかなり増加しているため査定額は厳しいものになると覚悟していたものの2009年査定当時、Ninja250だ大ヒットし中型フルカウルスポーツの人気が出始めた頃でした。

そのため90年代のレプリカの金額も高騰してきていた頃で予想よりも査定額が高く即売却を決めました。

売却についての満足度と感想を教えてください。

売却額について、予想以上に良い査定と売却額だったと思っています。

ただ実を言いますと、査定・売却は失敗ではなかったかと思っています。

当時は成功と思いましたが、今となっては一店舗だけで査定を行ったのは失敗だったと思います。複数のお店やインターネット等を利用し査定を行うことでもっと良い結果が得られたように思います。

それと査定額に関しても25万円と一発で提示してくるということはまだ上がる余地があったと思います。

おそらく店側も利益を考え余裕をもって交渉をしていると思うからです。さらに下取りをしたことも考慮すれば、もっとしっかり交渉すればよかったと思います。

バイク用語辞典管理者

じゃばさんありがとうございました!

CBR400RRを査定売却した貴重な話、本当に参考になりました。

皆さんにもCBR400RR、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の情景が浮かんだのではないでしょうか。

あなたのホンダ CBR400RR、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の参考になればうれしいです!

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-バイク査定・売却した体験談

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.