バイク査定・売却した体験談

ドゥカティ Multistrada 1200Sを「バイクワン」で査定・売却した体験談・口コミ

投稿日:2018年3月5日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はドゥカティ Multistrada 1200Sを乗っていた「ドカプンさん」にMultistrada 1200Sをバイク買取業者に査定、売却をした体験談を聞くことができました。

Multistrada 1200Sをなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?

そして、もっとも気になるMultistrada 1200Sをなぜ売却することにしたのか、どこのバイク買取業者に査定を依頼して、結果どのくらいの売却額だったのか?

同じような年式やバイクの査定・売却を考えている方も気になる体験談ではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
ドカプンです。男・44歳です。
愛車を教えて下さい。
ドゥカティ DUCATI Multistrada 1200Sの2013年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2014年に「近くのバイク屋さん」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
ローン、中古乗り出し170万円です。
Multistrada 1200Sを購入した理由や動機を教えてください。

このバイクに乗る直前は国産の4気筒モデルになっておりました。非常にスムースに回るエンジンはモーター車に乗っているかのような印象さえ抱きました。

一方で、その前に乗っていたドゥカティは、2気筒ゆえの独特のパルス感がグリップを通して伝わり、それがバイクに乗っている気にさせてくれました。乗り換えの一番の動機はこのパルス感を味わいたいと思ったからです。

エンジンの回転数に合わせてリズミカルに伝わってくる振動と、同じようにリズムを刻む排気音がたまらない一台です。

アドベンチャーバイクも初めてでしたが、高い視点で街を走れることも、それまでにできていなかった体験であり、新しい発見がありそうな予感とともに、このバイクの購入に至りました。

ちなみに平均燃費は15km/Lでした。

どちらのバイク買取業者に査定・売却をしましたか。
バイクワンです。

愛車を売却した理由や動機をお聞かせ下さい。

2気筒のパルス感。心地よい排気音。高い視点での走行。あげると満足度の高いバイクでした。

それまで乗っていたバイクに比べて早いペースで走行距離も伸びてました。大柄なバイクということもあり、街乗りでの小回りを要する走行には向いていませんが、ワインディングなどでは気持ちよく走ることができました。

中古で購入ということあり、2年で車検の時期を迎えました。同じ頃、フューエルメーターの表示不良など、マイナーな電気的トラブルなどが出始めました。

これから先を考えた時により大きなトラブルなどの発生が心配され、かつ、外国車ゆえの高額な修理費などを心配し、買い替えを検討し始めました。

また、それほど高年式というわけではなかったため、このタイミングであれば比較的好条件での売却が期待できるのでは、という思いもありディーラーを巡りながら、下取り査定などを行なっていました。

最終的には、次に乗りたいと思えるバイクに巡り会えたこと。買取条件的にも納得のいく売却先が見つかったことで、売却に踏み切りました。

今回のMultistrada 1200Sの査定額と売却額を教えてください。
査定額は78万円、売却額83万円でした。
今回のバイク売却や査定、売却額についての思いや納得度など、色々と教えてください。

事前にWeb上での買い取り査定を行なっていました。メーカー、車種、年式、 走行距離などから査定額は算出されました。

中古市場での価格相場を見ているともう少し高く売れるのかなと期待していましたが、思っていたよりも20万円くらい低い印象を持ちました。

その後の販売などを考えると致し方無いのかなと思いながらも、もう少しなんとかならないかという思いもありました。

売却にあたっては実車確認ののち最終の買い取り額の提示がありました。きれいな外観やなどが評価され、Web査定を上回る提示がありました。

一方で、まだ納得がいかないところもあったので希望金額の提示を行いました。担当者が上長相談したのち、希望そのままではなかったものの、若干の上乗せがあり、交渉成立に至りました。

売却についての満足度と感想を教えてください。

予想以上に良い査定と売却額だったと考えます。

やはりきれいな車には正当な評価がなられます。小さなことかもしれないですが、実車査定前に洗車を行い、少しでも良く見えるようにしたことは、プラスにはたらいたものと思われます。

担当者の開口一番が「キレイですね」だったことを考えると、小さな努力が報われた感じがします。

それでも思っている金額を下回ることが常ですが、やはり本音をぶつけることも大事かと思います。自分はこれくらいで売れると思ってる!それを明快に示す方が交渉も早いです。

ただのポージングかもしれないですが、上長に連絡を入れて提示した希望金額の可能性を確認してもらうだけでも、こちらの納得感が違います。何も言わないよりは、ダメもとでも言ってみることが大事かと思います。

バイク用語辞典管理者

ドカプンさんありがとうございました!

Multistrada 1200Sを査定売却した貴重な話、本当に参考になりました。

皆さんにもMultistrada 1200S、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の情景が浮かんだのではないでしょうか。

あなたのドゥカティ Multistrada 1200S、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の参考になればうれしいです!

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-バイク査定・売却した体験談

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.