バイク査定・売却した体験談

スズキ バンディット1250Sを「レッドバロン」に売却した体験談・口コミ

投稿日:2017年9月23日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

こんにちは!

今日はスズキ バンディット1250Sを乗っていた「山賊さん」にバンディット1250Sをバイク買取業者に査定、売却をした体験談を聞くことができました。

バンディット1250Sをなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?

そして、もっとも気になるバンディット1250Sをなぜ売却することにしたのか、どこのバイク買取業者に査定を依頼して、結果どのくらいの売却額だったのか?

同じような年式やバイクの査定・売却を考えている方も気になる体験談ではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
山賊です。男・34歳です。
愛車を教えて下さい。
スズキ SUZUKI バンディット1250Sの2007年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2008年に「近くのバイク屋さん」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
ローン、新車乗り出し89万円です。
バンディット1250Sを購入した理由や動機を教えてください。

もともとホーネット250に乗っていたが、職場の友人から大型免許を取らないのか?と催促され続け、渋っていた所にショップで一目惚れ。

新車で100万を切っていて、それでいてリッターオーバーを持っている大型バイクだ!と一人興奮。仕事中も250ccのバイクに乗っていてもそのバンディットの事ばかりを考える日々。

そして思い切って大型免許を取得して一週間程度でバンディットの契約ハンコを押していた。

もともと真っ赤なバイクが好きであった事と、大型バイクでリッターで100万円を切っている破格な車両に、飛びつかない理由はなかった。

どちらのバイク買取業者に査定・売却をしましたか。
レッドバロンです。
愛車を売却した理由や動機をお聞かせ下さい。

新車で買っているので3年間は車検が必要ない中、2年ほどで売却。4万kmも乗り続け、あちこちに連れて行ってくれて、パワーも申し分ない。

また立ちゴケも左右どちらもしてしまい、大型バイクの難しさを教えてくれた車両。

その中、ふと他の大型バイクってどんな感じなのだろうと気になってしまったのが要因。

特にバンディットはスズキ車ゆえHPも自然とスズキ関連のサイトばかりであった。

そこに世界最強と言われている車両が目に入った。「隼」である。とはいえ隼は150万近い価格。とてもローンを支払ってるし、4万kmを超えた車両なんて買取額なんてしれていると思っていたから願望程度にしていた。

その中、ショップから連絡があり、中古ながらも新古車並の極上車が入りましたと連絡が入った。

観に行った所、慣らしも終わっていない白を基調とした赤いラインの入った隼だった。もう虜になってしまい、バンディットを売却の手続きに入ってしまっていたのだ。あとはなし崩しに淡々と売却した。

今回のバンディット1250Sの査定額と売却額を教えてください。
査定額は20万円、売却額25万円でした。
今回のバイク売却や査定、売却額についての思いや納得度など、色々と教えてください。

ショップ開催のツーリングにはよく足を運んでいたので、店長含め店員とも馴染み深く、4万kmの車両買取についてはなんとか勉強をしてもらった。

さすがにこれだけの距離を走った車両を50万なんていうのは無理な話。ましてやスズキ車両は安く買い叩かれる傾向が強く、そのあおりもあってか20万程度にしかならないと言われた。

まぁ仕方ないかなと半ば諦めていたが、仲の良かった店員が頑張ります!と一言。5万上乗せしてくれて、隼の頭金になった。

売却についての満足度と感想を教えてください。

一度バンディットでツーリングしている最中に、マフラーの固定部分が破損する故障が生じた。

その修理履歴があった。さらに立ちゴケを左右にしているのも査定に響いているのは仕方がないかなと諦めてはいた。

しかしながら、自分の購入したバンディットには海外から仕入れたフルカウルにするパーツ(グローバルスズキではラインナップもある)を取り付けている特殊な車両。他に一度も観た事はない。

それでもいろんな傷が絶えない車両であったが、どうにか買い取ってもらえたのは良かった。

バイク用語辞典管理者

山賊さんありがとうございました!

バンディット1250Sを査定売却した貴重な話、本当に参考になりました。

皆さんにもバンディット1250S、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の情景が浮かんだのではないでしょうか。

レッドバロンの対応についても良い評価、また査定額、売却額も納得で満足ということで本当に良かったです。

あなたのスズキバンディット1250S、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の参考になればうれしいです!

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-バイク査定・売却した体験談

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.