カブる

エンジン内に燃料が行き過ぎプラグの先(火花が出る部分)が濡れてしまい、点火が出来ない状態をカブるといいます。

火花が起きなければ点火も爆発も出来ず、バイクは動かせなくなります。

バイクのキャブレターの設定において燃料の調整量が多すぎて、エンジンの内部に燃料が行き過ぎてしまっている状態を指します。

またバイクのエンジンの中で火花を飛ばす重要な役目をはたしているスパークプラグが、ガソリンの不完全燃焼などの原因で機能しなくなってしまうことをしめすときもあります。

バイクのスパークプラグは拭いたり磨いたりすると復活することもありますが、安価なものなので交換してしまったほうがいいと思われます。

エアークリーナーが汚れて吸気が正常に行われないときもカブります。

経験者によると「低回転で走るとカブる傾向があり、高回転にすると無くなる・・・」という感覚があったことも聞きます。

おそらく燃料が過剰に行くため、高回転であればそれだけ燃料は使われプラグは濡れることもなく、逆に低回転だと消費されずに余分な燃料がプラグを濡らしてしまうということでしょう。

混合気でガソリンの割合が多かったり、燃焼温度が低すぎるとこの現象は起こりやすいようです。

カブったと感じた場合、しばらく時間をおきプラグを乾かします。

それでも改善しなければプラグを見てみます。

先の部分が黒く、ガソリン臭がすれば拭いて乾かし、再トライを。

また、決して高価なものではないので、場合によってはプラグ交換するのも一つです。

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!