キャストホイール

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

キャストホイール

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

キャストホイール

バイク用語辞典管理者

キャストホイールは鋳型で鋳造して作られた一体成型のホイールをキャストホイールといいます。

材質としては鉄やアルミ、マグネシウムなどの金属が使われます。

軽金属合金を鋳造して、一体成形されたものがキャストホイールです。

スポンサードリンク

繋ぎめのない一体型のため、硬くて頑丈、そして軽量というメリットがあります。

剛性が高く、スポーツモデルなどに採用されていることが多いのです。

ホイール周りチューンナップにキャストホイールは足回りの軽量化、剛性化、そしてなんと言ってもタイヤをチューブレスにできるのです。

これと対局にあるのがスポークホイール。

スポークホイールはケーブル状の金属(スポーク)が縁と中心部を結ぶ構造で、しなやかで衝撃吸収性に富むという特徴があります。

つまり、スポークがわずかに伸縮する分、ホイールが弾性体になって乗り心地がマイルドになる特性があります。

しかし、スポークホイールのバイクが少なくなってきたのには理由があります。

  • キャストホイールに比べ組み立てに手間がかかって生産性が低い。
  • 旋盤で一気に真円を出せるキャストホイールに比べて精度が低い。
  • リムにスポークを通す穴があいているので空気が漏れてしまうからチューブレスタイヤが使えない。

などがあげられます。

しかし、オフ車を中心にまだまだスポークホイールは活躍する場面もあるでしょう。

バイクは趣向性の高い乗り物でもありますので、機能やコスト面はさておき、デザイン的なホイール選択をする人も少なくありません。

スポンサードリンク

 

フレーム・足回り関連

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る