バイク用語辞典現象やその他, は行 > フェード

フェード

バイクを峠道などで走っていてブレーキを多用しすぎるとブレーキが効かなくなるフェード現象といいます。

熱でブレーキのパッド及びシューがやけてしまって、ブレーキが効きにくくなります。放熱性に欠けるドラムブレーキで起こりやすいようです。

摩擦材であるブレーキパッドは使いすぎると温度が上昇します。一定以上の温度になるとブレーキパッドの摩擦材成分が分解されてガスを発生します。

そのガスがブレーキローターとの間で一種の潤滑剤となってしまい、ブレーキがききにくくなります。

同じようにブレーキの使いすぎの熱できかなくなる同じだが、ブレーキフルードの沸騰が原因であるベーパーロックとは根本的に違います。

ブレーキパッド はパッドに使われている材質によって使用用途が違ってきます。基本的にはメーカー純正を使用しますが、使用用途によってはパッドを変えてみるとよい結果が出る時もあります。

パッドを変えるときには、車種により違いますので適合表をよく確認をしましょう。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/280other/post_115.html" target="_blank">バイク用語辞典:フェード</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはフェードです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.