バイク用語辞典現象やその他, さ行 > スタンディングウェーブ

スタンディングウェーブ

バイクで高速道路などでの高速連続走行はタイヤへの負荷が大きくなります。そこでタイヤ空気圧が低下しているとタイヤのたわみ(変形)が大きくなります。

連続したタイヤのたわみによりタイヤが発熱し、最後にはバーストしてしまいます。このような現象を「スタンディングウェーブ現象」といいます。

バーストにいたらなくてもホイールからのセパレーション(はく離)を起こすなどの危険もともないます。

タイヤは円形ですが、路面とは線でなく面で接地します。

タイヤが回転している時もこの接地部の変形と復元が繰り返されています。

バイクが高速走行になってタイヤの回転が早くなると、この変形は接地が終わっても復元しないで、接地部後方に振動の波となって残ります。

この波打ち現象を「スタンディングウェーブ現象」といいます。この現象が発生したタイヤは、ころがり抵抗の著しい増加と温度の急上昇によって、タイヤの破壊を招きます。

フロアポンプ フロアポンプ

バイクのりにとってタイヤの空気圧調整は走りに行く前の重要な点検項目です。 エアーゲージ付きのフロアポンプ はひとつ取り揃えておくといいでしょう。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/280other/post_112.html" target="_blank">バイク用語辞典:スタンディングウェーブ</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはスタンディングウェーブです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.