バイク用語辞典整備・メンテナンス関連, あ行 > あたり(アタリ)

あたり(アタリ)

パーツ各部でセッティングなどする際の基準点や状態を指す。

エンジンなどの慣らし運転をやっていくと、だんだんとスムーズになっていく。

またパワーや燃費もよくなってきて、この状態を「アタリがでた」などと言う。

現在のバイクのエンジンは非常に精度が高くなってきているので、あたりを出すための慣らし運転は必要ないといわれています。

しかし、やはりバイクは機械ですので、500km~1000km程度の丁寧な運転、そして、このくらいの距離を走ったらオイル交換をすると車体やエンジンにもとてもよいでしょう。

また、バイクやエンジンも長持ちすると思われます。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/180maintenance/post_9.html" target="_blank">バイク用語辞典:あたり(アタリ)</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはあたり(アタリ)です。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.