バイク査定・売却した体験談

カワサキ NINJA250Rを「レオタニモト」で査定・売却した体験談・口コミ

投稿日:2018年6月26日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はカワサキ NINJA250Rを乗っていた「ヒズルさん」にNINJA250Rを売却をした体験談を聞くことができました。

NINJA250Rをなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?

そして、もっとも気になるNINJA250Rをなぜ売却することにしたのか、結果どのくらいの売却額だったのか?

同じような年式やバイクの査定・売却を考えている方も気になる体験談ではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
ヒズルです。男・30歳です。
愛車を教えて下さい。
カワサキ KAWASAKI NINJA250Rの2009年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2011年に「レオタニモト」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金、中古乗り出し30万円です。
NINJA250Rを購入した理由や動機を教えてください。

もともとスーパーカブ110を一台所有していました。燃費は良く積載についても最強で、大して不満もなく生活していました。しかし、カブは所詮110cc。

当時の私は友人とツーリングに度々出かけていたのですが、彼が乗る250ccのバイクとのパワーの違いを肌で感じていました。カブで北海道も一周できましたし、実際、十分です。

しかし、当時の私は段々と、上の排気量のバイクに乗ってみたくなりました。私はもともと小型限定免許しか持っていなかったため、排気量を上げるにはまた教習を受けなければなりません。それでも乗ってみたいと、私は思ったのです。

そうして、バイク屋さんで購入を考えている旨を伝えると、ちょうど走行距離3000kmにも満たない綺麗なninja250rが入ってきたところでした。話をしてみると、30万でいいとのこと。私はすぐに購入を決意しました。購入した動機はおそらく、タイミングが良かったから、でしょうか。

どちらのバイク買取業者に査定・売却をしましたか。
レオタニモトです。

愛車を売却した理由や動機をお聞かせ下さい。

NINJA250Rを購入して一年間は、割と乗っていたと思います。しかし、最初のうちは友達と良くツーリングに行っていたのですが、段々と億劫になり行かなくなってしまいました。

バイク置き場までが遠かったのもありますし、ただ単純に、あの時の私は仕事で心を病んでおり外に出る気分にはなれませんでした。そうして時間が経っていくと、メンテナンスをしていないので乗りたい時に乗ることができないわけです。

いちいちバイク屋に持っていって、トラブルを解消しなければなりません。さらに、一人暮らしを始めるということでお金も入り用になったため、私は一度売却することを決意しました。

NINJA250Rを乗らないくらいなら売って誰かに乗ってもらおうと思いました。後悔するかもしれないと少し悩みましたが、時間が経って落ち着いたら買い直せばいいと思ったら、簡単に手放すことができました。

今回のNINJA250Rの査定額と売却額を教えてください。
査定額は18万円、売却額18万円でした。
今回のバイク売却や査定、売却額についての思いや納得度など、色々と教えてください。

状態は大して乗っていなかったので悪くなかったと思います。

だからこそ、割と高値で買い取ってもらえたのだと思うのですが、もともと30万で買ったものが18万になったのだから十分だろうと思いました。

ちなみに、廃タイヤ代を引いてもらってのこの金額です。そう考えると、マイナス10万以下でバイクを買い取ってもらえたことになります。大満足でした。

当時は後継機の新型ninjaが発売したところで人気はほとんどそちらに移ってしまいましたが、安く中古で手に入るフルカウルバイクということで、大学生等の一定層から人気があったらしいです。それもあって、高額で買い取ってもらえたようです。

売却についての満足度と感想を教えてください。

NINJA250Rの売却は非常によかった。売却額も満足・・・と、思っています。

知らなかったのでほとんど運でしたが、新型ninja250の発売で起こった旧式の需要に上手く乗ることができました。

私のNINJA250Rは5年以上型落ち、モデルチェンジ前、そんなワードがあるバイクが高値で売れるとは思っていませんでしたが、バイク屋さんに持っていくと案外評価が高かったです。

しかし、私はその時その額で十分だと思い交渉などなにもしませんでした。売却体験を色々見ていると、複数のバイク屋に見せて争わせるなど、そういった方法で買取値段を上げる人もいるといいます。

もしもう一度売却をトライできるとしたら、一つではなく別のお店にも持ち込んで売却額を査定してもらいたいと思います。

バイク用語辞典管理者

ヒズルさんありがとうございました!

NINJA250Rを査定売却した貴重な話、本当に参考になりました。

皆さんにもNINJA250R、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の情景が浮かんだのではないでしょうか。

あなたのカワサキ NINJA250R、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の参考になればうれしいです!

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-バイク査定・売却した体験談

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.