愛車レビュー・インプレッション

ホンダNC700Xのレビュー/口コミ/長所/短所/新車/価格【愛車インプレ】

投稿日:2017年8月17日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

こんにちは!

今日はホンダNC700Xを愛車にしている「Takaさん」にNC700Xの愛車インプレッションを聞くことができました。

NC700Xをなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?長所は?短所は?

NC700Xはどのくらいの燃費なのか?

このバイクの購入を考えている方も気になるレビュー、インプレッションではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
Takaです。男・41歳です。
愛車を教えて下さい。
ホンダ HONDA NC700Xです。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2012年に「近所のバイク屋サン」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金一括、乗り出し69万円です。
NC700Xを購入した理由や動機を教えてください。

2011年名古屋モーターショーに行ったとき、ホンダのブースに変わったバイクが展示してあるなあと思って立ち寄りました。

ツアラータイプのスタイリッシュなバイクでしたが、ガソリンタンクがある場所が大きく開いていて、そこにフルフェイスのヘルメットが入っていることにびっくりしました。

スタッフにコンセプトモデルか聞いてみると「数か月後に69万円で市販します」という驚きの答えが。今までにない斬新なバイクが69万円で数か月後に出ると聞き、購買意欲がわきました。

ガソリンタンクはシート下に収められていること、低燃費を実現したのでタンクの小型化に成功したことなど他にも色々教えてもらいました。登場と同時に試乗もし「これなら」という事で購入に至りました。

NC700Xの長所を教えて下さい。

フルフェイスが入る大容量のトランクスペースは本当に便利です。

両脇にタンクバックを付けるとライダースーツも格納でき、バイクを降りたら手ぶらで出歩くことが出来てしまいます。

これらのスペースを有効活用すれば、2泊ほどのツーリングに十分対応できます。

燃費の良さはピカイチで、このクラスで無給油でロングツーリングが出来てしまうのはそうないと思います。

2気筒なので独特の鼓動音も楽しめますし、意外と速いです。重心も低く取り回しや安定性もいいです。

NC700Xの短所を教えて下さい。

登場して一年ほどで排気量50ccアップのモデルが出てしまいました。もう少し待っていればNC750シリーズが買えていたかもしれません。

しかも、このモデルのスポーツ仕様をベースに教習車まで登場してしまい、自分のバイクが教習モデルと同じになってしまいました。

そのため「これで教習受けました」と声をかけられることもあります。でも不満はこれくらいしか浮かばず、むしろ無いくらいです。いいバイクに出会えました。

NC700Xから買い換える予定はありますか?

買い替えたいバイクはNC750Xです。

本音を言えば、今のバイクが自分の使い方にあっているため出来る限り長く所有したいです。

しかし登場から5年が経過し、モデルチェンジもあって排気量も上がりデザインも変わりました。

2015年モーターショーで最新モデルに触れましたが、使い勝手はそのままで格段にグレードアップしています。今のところは現車を乗りつぶすつもりですが、買い替える機会があれば最新モデルも気になるところです。

ただ、バイクのクラスとしてはこれくらいがちょうど良く、以前乗っていたような1000cc以上の大型バイクはもういいかなとも思っています。

NC700Xで行った一番の思い出はありますか。

能登半島一周ツーリングは楽しかったです。燃費が凄くいいため、半島周遊中の給油回数は一回だけでした。

重心が低く曲がりやすいため、海沿いのワインディング路はスイスイ曲がることが出来ました。

直線巡行時の安定性も良いので、高速道路を長時間乗っても全く疲れませんでした。

道中お土産を買って帰りましたが、荷物がかさばることもなく使い勝手の良さをあらためて実感しました。

雨も降ってきましたが、天候に左右されず安定した走行を見せてくれたのも良かったです。

もしできるならNC700Xで、どこへ行きたいですか?何をやりたいですか?

休みがあれば日本列島一周してみたいです。

このバイクは操る楽しさだけでなく、通勤の足にも使えるし長距離旅行でも威力を発揮する万能バイクです。

5年乗ってますます良さがにじみ出ています。時間が許されるのなら、日本列島をぐるっと一周してこの国の良さを味わってみたいです。

他にも四国八十八か所や西国三十三か所巡礼もバイクでやると楽しいかもしれません。狭い山道が多いので、こういう時こそバイクの出番かなと思う時もあります。

バイク用語辞典管理者

Takaさんありがとうございました!

NC700Xの愛車インプレッション、レビュー楽しかったです。

皆さんにもホンダNC700Xの良さや、長所、短所はわかったのではないでしょうか。

さらに、NC700Xの気になったところ、逆に弱点など知りたかったことなどが理解できたかもしれません。

あなたのNC700Xを考える際、参考になればうれしいです!

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-愛車レビュー・インプレッション

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.