愛車レビュー・インプレッション

カワサキ KSR110のレビュー/口コミ/インプレ/新車/価格【ユーザーレポート】

投稿日:2017年12月25日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はカワサキ KSR110を愛車にしている「INOさん」にKSR110の愛車インプレッションを聞くことができました。

KSR110をなぜ購入したのか?その購入の理由や動機は?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?長所は?短所は?

KSR110はどのくらいの燃費なのか?

このバイクの購入を考えている方も気になるレビュー、インプレッションではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
INOです。男・35歳です。
愛車を教えて下さい。
カワサキ KAWASAKI KSR110です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2011年に「近所のバイク屋さん 」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金、新車乗り出し27万円です。
KSR110を購入した理由や動機を教えてください。

購入以前はずっとスクーターに乗っており、マニュアル車に乗りたいという気持ちが出てきたものの、普通二輪免許をAT限定で取ってしまっていたということもあり、免許の限定解除も考えましたが、AT限定でも乗ることが可能なKSR110が候補としてあがりました。

50ccのミッション車でもよかったのですが、やはり50ccとなると速度の制限などがついて回るため、原付二種という選択になりました。

車体も軽く取り回しが楽で、気軽に乗れるバイクということも購入にあたって重視したポイントだったので、KSR110はそうしたポイントをクリアした1台でした。

後々免許を限定解除した場合も、社外パーツでクラッチのマニュアル化ができるので、長く乗れる1台ということもメリットの一つでした。

KSR110の長所を教えて下さい。

足つきが良く車体も軽いため、取り回しが非常に楽です。小柄な女性でも安心して乗れるサイズでしょう。

カスタムをしたいという人にとっても適したもので、社外のカスタムパーツが豊富にあるので、ホンダのモンキーやエイプなどには及ばないものの、乗っても楽しめていじっても楽しめる1台です。

スタッドレスタイヤを履かせることもできるので、雪道でもある程度は走ることができます。

KSR110の短所を教えて下さい。

始動はキックしかないため、エンジンがかかりにくい際には若干苦労します。

キック始動のバイクに乗ったことがない人は、中途半端にキックをすることでペダルが勢い良く跳ね上がって怪我をする場合があります。

ノーマルの場合はパワー不足を感じるでしょうが、こちらは吸気系などの加工をすると改善しますが、整備が未経験の人には若干ハードルが高い内容となってしまいます。

KSR110の平均燃費はどのくらいですか?
平均30km/L程度です。
KSR110から買い換える予定はありますか?

はい、ちょっと考えているバイクがあります。YZF-R1です。ただKSRを手放す気はありません。

遠回りはしたものの、現在は大型自動二輪の免許を取得しており、どのようなバイクでも乗れるという状況になりましたが、免許取得への後押しなどをしてくれたバイクということもあり、思い入れも大きなものです。

4ストミニの世界は自身のカスタムによって走りの違いが明確にわかる分野なので、大きなバイクで最初からスピードが出るのも魅力的ですが、自身の手によってバイクのコンディションが変わるというKSR110は、大きな排気量では得られない感覚を得ることができるため、手放そうという気は起きません。

KSR110で行った一番の思い出はありますか。

購入時期に体調を壊してしまい、外へ出るのが困難な時期がありましたが、また外へ出るきっかけを作ってくれたのがKSR110です。

地元のいつもならば何気ない場所でも、ここまで来れたという自信がつき、病気の克服に大きく貢献してくれたという思い出が強いです。

高速道路は乗れないバイクなので、その後も遠出の際は利用していないのですが、街中や海岸線など何気ない風景をゆっくり味わうことができるのが醍醐味です。

当時、自力では行けない港までなんとか行けたことは、その後の病気快方にもつながっており、夜中で真っ暗だったものの、潮の匂いを感じながら走ったことは今でも鮮明に思い出すことができます。

一人で行ったことですが、バイクがなければできなかったことでもあり、1人ではないという気持ちにもなりました。

もしできるならKSR110で、どこへ行きたいですか?何をやりたいですか?

購入はバイク屋ですが、厳密にいえばグーバイクから購入したものなので、県内のショップで実物を見て買ったものではありません。

しかし、現在の居住地からも遠いですが、購入店舗へKSR110に乗って訪れてみたいという気持ちがあります。ネット上のやり取りとはいえ、購入店は非常に丁寧で親切な対応だったので、バイクと一緒にそこまで訪れてどのような土地なのかを見てきたいと思っています。

あとはやはり4ストミニの世界の醍醐味であるカスタムでしょう。やりたいことをあげればキリがない世界ですが、カスタムをすることでこの世に1台だけの自分だけのKSR110を作り上げたいという気持ちがあります。

現在も購入時より大分見た目なども変わっていますが、カスタムされた車体を、購入店に訪れて見てもらいたいという気持ちもあります。

バイク用語辞典管理者

INOさんありがとうございました!

KSR110の愛車インプレッション、レビュー楽しかったです。

皆さんにもカワサキ KSR110の良さや、長所、短所、さらには燃費や使い勝手などがわかったのではないでしょうか。

さらに、KSR110の気になったところ、逆に弱点など知りたかったことなどが理解できたかもしれません。

あなたのカワサキ KSR110を考える際、参考になればうれしいです!

2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-愛車レビュー・インプレッション

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.