愛車レビュー・インプレッション

カワサキCT150のレビュー/口コミ/長所/短所/中古/価格【愛車インプレ】

投稿日:2017年8月20日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

こんにちは!

今日はカワサキCT150を愛車にしている「カツさん」にCT150の愛車インプレッションを聞くことができました。

CT150をなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?長所は?短所は?

CT150はどのくらいの燃費なのか?

このバイクの購入を考えている方も気になるレビュー、インプレッションではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
カツです。男・39歳です。
愛車を教えて下さい。
カワサキ KAWASAKI CT150です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2017年に「近所のバイク屋」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金、乗り出し12万円です。
CT150を購入した理由や動機を教えてください。

経済的に車を維持するのがきつくなってきたので、夫婦で2人乗りができるバイクを探していました。

以前110ccのスクーターに乗って通勤していた経験から、スクーターで二人乗りができてそれなりに走行性を求めると排気量が大きくなるだろうし、近所は坂道が多いのでエンジンや足回りが痛みやすいと思い、あえてマニュアルで150cc前後のバイクを探していました。

150ccは中途半端とはわかってはいるんですが、125ccだと走行性能に限界があり少ししんどいし、250ccクラスだと余裕はありますが車体も重いし、といろいろ考えてのチョイスでした。

たまたま立ち寄った近所のバイク屋さんで聞いてみたところ、店頭に並んでいたこのバイクを紹介してくれて、即決で購入しました。

CT150の長所を教えて下さい。

車体が大きめで安定感があります。シートポジションが自分が思っていたよりも高めなので視界良好で、運転しやすいと感じます。

エンジン回転も粘りがある感じで、二人乗りしていても坂道は力強く登ってくれます。

時代が変わってもあまり変化しないであろう定番デザインで、飽きがこないと感じます。

CT150の短所を教えて下さい。

思ったより車体が大きいため車重もあり、取り回しに苦労する時があります。

特に坂道で駐車するときやバックさせるときはもっと軽いスクーターだったら良かった、と軽く後悔することもあります。

あと、もう少し燃費が改善してくれたら助かります。二人乗りだから燃費が悪くなるのはしょうがないでしょうが、リッター40キロ程度を想定していたので、少し残念です。

CT150の平均燃費はどのくらいですか?
平均30km/L程度です。
CT150から買い換える予定はありますか?

買い替えたい、乗ってみたいバイクはヤマハトリシティです。

二人乗りをメインの目的にして現在のバイクを乗り出しましたが、二輪なので当然のことながら運転の安定性に不安を感じています。

特に渋滞時や低速運転、走り出しなどにふらつく時があるので妻の体に力が入っているのがわかります。

雨の日はタイヤが滑る心配もあり、運転するのもかなり緊張します。

前輪二輪のトリシティは安定性や雨天時の安全性などの問題が解決しそうで、スクーターなので運転も楽そうですし、前面にシールドでもつければ快適にツーリングできそうなのでぜひ乗ってみたいと思います。

CT150で行った一番の思い出はありますか。

妻と2人乗りで山奥に住む友人を訪ねた際、一部舗装がデコボコの部分があり、ヒヤヒヤしながらクリアーしていったことです。

結構急な坂道もあり、ジェットコースターみたいな感覚を味わいました。あまりこれまでバイクで二人乗りすることがなかったので、2人ではしゃぎながら道中を楽しむことができました。

もうあまり若くはないのですが、新婚当時の楽しさを思い出したように感じます。妻にしがみつかれて悪い気は決してしません。

もしできるならCT150で、どこへ行きたいですか?何をやりたいですか?

キャンプ用品をバイクの後ろに積み込んで、北海道にでもツーリングしてキャンプをしながら一周したいです。

夫婦では北海道に行ったことがないので、自然を満喫しながらゆったりと道中を楽しむことができれば最高だと思います。

初夏など季節が良ければ風を全身で感じながら走れますし、何よりも車より一体感があるので、夫婦で一緒に走ったという感覚が強いように思います。

疲れたら適当に休んで、晩はテントで星を見ながらゆっくりと過ごすことができたら開放的だろうなと憧れます。

バイク用語辞典管理者

カツさんありがとうございました!

CT150の愛車インプレッション、レビュー楽しかったです。

皆さんにもカワサキCT150の良さや、長所、短所はわかったのではないでしょうか。

さらに、CT150の気になったところ、逆に弱点など知りたかったことなどが理解できたかもしれません。

あなたのカワサキCT150を考える際、参考になればうれしいです!

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-愛車レビュー・インプレッション

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.