バイク用語辞典現象やその他, あ行 > ウォブル現象

ウォブル現象

120km/h以上の高速走行時に発生する車体の横揺れ現象のことをいいます。

タイヤ特性を含めた車体の剛性やアライメント、重心位置、空力に至るバイク特性が関係しています。つまりウォブルの発生速度はそのバイクの走行限界速度といえるでしょう。

ハンドルを押さえこんでもウォブルは抑えられないので、発生したら減速して原因を調べるしかありません。

ウォブルとウィーブの差は振動数の差だけです。区別せず両方ウォブルと呼ぶ場合もあります。

ウォブルがひどくなるとバイク全体のコントロールができなくなるウィーブ現象を誘発する恐れもあります。

ホンダゴリラ
  • ホンダゴリラ
  • 空冷4ストロークOHC単気筒
  • 全長×全幅×全高 1365×625×880 mm
  • 乾燥重量 62kg
  • 総排気量 49cc
  • 最高出力 2.3 kW ( 3.1 ps) / 7500 rpm
  • 最大トルク 3.1 N・m ( 0.32 kg・m) / 6000 rpm

画像はウォブル現象とは無関係のホンダゴリラです。ちなみに私のはじめて買ったバイクです。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/280other/post_107.html" target="_blank">バイク用語辞典:ウォブル現象</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはウォブル現象です。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.