バイク用語辞典レースやサーキット関連, さ行 > シケイン

シケイン

シケインとは、サーキットにおいて競技車両の速度を減速するためにコース上に設置される半径のきついコーナーのことです。

シケインは「chicane」と書きます。英単語のchicaneには、「合法的な詭弁・ごまかし」といった意味がある。

高速コーナーなど、スピードが出過ぎて事故、クラッシュが起きやすい場所に、小さな切り返しを付けスピードを落とさせるための場所となります。

サーキットにおいては通常は長いストレートの最後に設置される。

現代の自動車、バイクのレースでは先行車両に追いつき追い越しができる最良の地点の一つであると思われます。またシケインにおいてはその目的と形状から極めて少ないリスクでショートカットしタイムを短縮することができる場合がある。

レース用語ではレース中、先行車両にうまく追い抜きをさせることのできない車両はしばしば動くシケイン 「Mobile Chicane」のように呼ばれることがあります。

青旗が提示された場合、先行車両に追い抜かせる義務が発生しますが、ドライバーの技量が十分でない場合接触などのアクシデントが発生する場合が多いようです。

サーキットにおける有名なシケインがあります。

  • カシオトライアングル:日本の鈴鹿サーキットの最終コーナー手前にあるシケイン。
  • バスストップシケイン:ベルギーのスパ・フランコルシャンの最終コーナーを兼ねているシケイン。
  • タンブレロシケイン:イタリアのイモラ・サーキットの第1コーナーでもあるシケイン。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/210circuit/post_155.html" target="_blank">バイク用語辞典:シケイン</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはシケインです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.