バイク用語辞典内装・外装関連, ら行 > ラムエアシステム

ラムエアシステム

バイクのフロントカウルなどに設けられた吸気口から走行風を取り入れ、高密度の空気をキャブレターやフューエルインジェクションに送り込む、ハイパワーを引き出すためのシステム。

バイク走行時に走行風が勢いよく流れる200km/h以上の高速域で3~5%ほどパワーアップするとされています。

バイク走行中、カウルに当たってくる風をカウル正面に配置したダクトからエアクリーナーボックスに送り込み、その圧力により加給効果を得るシステム。簡易ではあるがターボやスーパーチャージャーと同じ加給装置と言えるでしょう。

また、バイクの高速時にしか効果がでなかったものを改良したのがツインラムエアシステムです。エアの取り入れ口をダブルにして、エアクリーナーボックスに加え、キャブのフロート室への加圧も行っているシステムで、中高速域でのパワーフィールやアクセルレスポンスの向上が実現されています。

ツインラムエアシステムにより、従来は200km/hくらいからでないと体感できなかったパワーアップは70km/hから体感できるようになりました。

ホンダCBR1000RR

またラムエアシステムもメーカ別では呼び名も違います。

  • K-RAS(KAWASAKI)
  • SRAD(SUZUKI)
  • DAI(HONDA)

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/120exterior/post_49.html" target="_blank">バイク用語辞典:ラムエアシステム</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはラムエアシステムです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.