内装・外装関連

リザーブ

投稿日:2015年9月26日 更新日:

バイク用語辞典管理者 疑問

リザーブとはバイクのガソリンタンクに設けられた、ガソリンが一度に全部なくなって走行できなくなるのを防ぐための予備部分のことをさします。

最近の小型スクーターなどには付いていない場合もありますが、バイクの燃料タンクとキャブレター、またはフューエルインジェクションをつなぐ部分にはフューエルコックというつまみがあります。

普段使用するONはタンク内のガソリンが一定量以下になると供給を止めます。そこでコックをRES(リザーブ)に切り替えると、残りのガソリンが使えるようになるという仕組みとなっています。通常は数リットルの場合が多く緊急用の分しか確保されていません。リッターバイクで約4、5リットルでしょう。あくまで予備なのでRES状態になったら早めに給油しましょう。

また、リザーブにしてバイクに給油した場合燃料コックをONに戻すことを忘れないようにしましょう。そのまま走っているとリザーブの分まで使ってしまいますので。

余談ですが、リザーブという機能があるバイクの宿命があります。ご存知の通り、タンクの中には空気があります。そして、空気には水分が含まれています。そうすると知らない間にバイクのガソリンタンクに水分がたまっていきます。

水とガソリンではどちらが比重が重いといえば、もちろん水の方が重いのです。そうするとこの水はバイクのタンク底にたまります。

めったにこのリザーブを使用しない人にとって、この水分が出て行く経路がないことがわかると思います。

この水がタンク底部の錆びを発生させるわけですね。

なので、対策として一定の期間をあけてガソリンを満タンにしたときに1時間くらいリザーブで走ることをするとよいでしょう。満タン状態から、リザーブ分のガソリンを消費するのです。そうすると、安全にバイクのタンクにたまったリザーブ分の水分を抜くことができます。ある程度走ったらコックを戻すのを忘れないように。

  • ヤマハ・SR400
  • https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/sr400/gallery.html

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-内装・外装関連

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.