リザーブ

リザーブとはバイクのガソリンタンクに設けられた、ガソリンが一度に全部なくなって走行できなくなるのを防ぐための予備部分のことをさします。

最近の小型スクーターなどには付いていない場合もありますが、バイクの燃料タンクとキャブレター、またはフューエルインジェクションをつなぐ部分にはフューエルコックというつまみがあります。

普段使用するONはタンク内のガソリンが一定量以下になると供給を止めます。そこでコックをRES(リザーブ)に切り替えると、残りのガソリンが使えるようになるという仕組みとなっています。通常は数リットルの場合が多く緊急用の分しか確保されていません。リッターバイクで約4、5リットルでしょう。あくまで予備なのでRES状態になったら早めに給油しましょう。

また、リザーブにしてバイクに給油した場合燃料コックをONに戻すことを忘れないようにしましょう。そのまま走っているとリザーブの分まで使ってしまいますので。

余談ですが、リザーブという機能があるバイクの宿命があります。ご存知の通り、タンクの中には空気があります。そして、空気には水分が含まれています。そうすると知らない間にバイクのガソリンタンクに水分がたまっていきます。

水とガソリンではどちらが比重が重いといえば、もちろん水の方が重いのです。そうするとこの水はバイクのタンク底にたまります。

めったにこのリザーブを使用しない人にとって、この水分が出て行く経路がないことがわかると思います。

この水がタンク底部の錆びを発生させるわけですね。

なので、対策として一定の期間をあけてガソリンを満タンにしたときに1時間くらいリザーブで走ることをするとよいでしょう。満タン状態から、リザーブ分のガソリンを消費するのです。そうすると、安全にバイクのタンクにたまったリザーブ分の水分を抜くことができます。ある程度走ったらコックを戻すのを忘れないように。

  • ヤマハ・SR400
  • https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/sr400/gallery.html
バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!