バイク用語辞典エンジン関連, は行 > パワーバンド

パワーバンド

パワーバンドとは、エンジンが最も効率よく力を発揮できる回転域のことです。

一般的にエンジンの最大トルク発生回転から最大馬力発生回転の間のことを指す場合が多いようです。

例えば、5000回転で最大トルク、8000回転で最高出力を発揮するエンジンなら、その間の3000回転分がパワーバンドといえるでしょう。

CB1300 SUPER BOL D'ORタコメーター

また可変バルブのエンジンでは、切り替え後のハイカム領域を指すことが多いようです。

このパワーバンドを使って走ることでエンジンの出力性能が最大限発揮されます。

さてパワーバンドと合わせておぼえておきたい「トルクバンド」というものがあります。

トルクバンドとは、言い換えるとエンジンにとって、もっとも効率よく混合気を燃焼させられる回転数と言えるでしょう。そして、トルクバンド付近では、エンジンが一番大きな力を発生します。

それに対するパワーバンドとは、トルクの低下を回転数で補える限界とも言えます。エンジンは高回転になると様々なロスが発生します。その落ち込んでしまったトルクを回転数で補っている回転領域なのです。

レースやスポーツ走行などでパワーバンドを使うのは、トルクバンドで走行するより、ギアを一つ落としてパワーバンドに入れるほうが加速が良くなるからです。

ということはパワーバンドで加速を得るにはギアを落とさなくてはいけません。すなわち、燃費の上ではロスが大きくなります。

一方、(シフトダウンしないで)同じギアで走っている場合、パワーバンドよりトルクバンドの方が加速が良いようです。

公道を走る場合、回転数を無駄に上げないために、パワーバンドに入れて走るのは、それはそれで楽しいですが、一般的な走行ではトルクバンドを意識して走行することをオススメします。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/110engine/post_159.html" target="_blank">バイク用語辞典:パワーバンド</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはパワーバンドです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.