バイクカバー|愛車の保管 盗難防止に!選び方 おすすめ10選

バイクやオートバイを外に駐車するときは、バイクカバーが必須アイテムとなります。

バイクカバーをあまり重要だと思っていない人もいますが、バイクカバーにはバイクの故障の原因になるものから守ったり、防犯対策になったりと様々な役割があります。

本記事は、バイクカバーの基本的な機能の解説を交えながら選び方のポイントについて解説します。

バイクカバーは保管に欠かせない

バイクカバーは大切な愛車の保管に欠かせないアイテムです。特にガレージがない住宅などの場合は、雨よけ・日よけ・防犯など対策としておくのが良いです。

仮にバイクカバーをかけずに、そのまま放置すると、バイクの塗装があせたり、剥がれたり。

金属の部品が雨水によってさびたりして、故障の原因につながります。

愛車をより長く乗り続けるためにも、バイクを保管する際はバイクカバーをかけておくことをおすすめします。

防犯・盗難防止にも

バイクを保管する際にバイクカバーをすることで盗難防止にもなります。

たいして効果がないと思っている人が多いのですが、バイクカバーでバイクを隠すことで車種が分からなくなり、高級車なのかどうかが分からなくなります。

盗難者は、高級車やピカピカした新車を狙うことが多いので、バイクカバーで隠すことで盗難されにくくなります。

バイクカバーを買う費用や手間は必要ですが、バイクがいたずらされたり盗難されたりすることで大きな損害を被り、そのような損害を考えるとバイクカバーは安いものです。

バイクカバーの選び方

バイクカバーはサイズ、どのような機能か、性能はどうかなど選ぶときには注意すべきことがたくさんあります。

バイクカバーで愛車を何から守りたいのかによって選ぶものが変わってきます。

バイクカバーの選び方についてポイントを見てみましょう。

防水性

愛車を雨から守りたい場合は、防水機能が付いているバイクカバーを選びます。

防水機能が付いているバイクカバーでも防水性能の良し悪しについても確認が必要です。

生地の防水がしっかりしていても、縫製の糸にも防水処理が施してあるかも確認しておくとよいです。

また、縫製箇所が無い一枚布のものであれば雨水が染み込むこともあまりないです。

バイクカバー商品の説明だけでは分かりにくいこともあるので、実際に使た人の口コミを参考にして、強い雨の日でも雨水が侵入してくることはないか確認しておくことをおすすめします。

耐久性

残念ながらバイクカバーは長期間使用できるのもではなく、早ければ1年経たずにボロボロになってしまうものもあります。

消耗品と割り切って使用している人もいますが、良いものは長く使用できます。

耐久性は使用している素材、製法を確認することがポイントです。

300Dオックス生地を使用しているバイクカバーは耐久性が良いです。

また、厚さがあり、しっかりと重量のあるバイクカバーは耐久性が良いです。

内側の耐熱性

バイクのエンジンを停止して、すぐにバイクカバーをかけると、熱くなったマフラーでバイクカバーが溶けてしまうことがあります。

すぐにバイクカバーをかける人は、耐熱性も大切です。

バイクカバー商品の中にはあえて耐熱機能がないものもあり、それはバイクのエンジンを切った後はメンテナンスをしてからバイクカバーをかけるべきという考え方があるからです。

縫製のしっかりしたもの

バイクカバーの縫製がしっかりしているかどうかは大切で、縫製が雑だと、接合部から雨水が侵入したり、短期で裂けてしまったりしてバイクを雨水から守ることもできませんし、すぐにバイクカバーの買い替えが必要になります。

バイクカバーのすべての縫い目が二重縫製されていれば、雨水が侵入することが少なくなり、頑丈でしっかりとしているので、二重縫製されているかどうか確認しておきましょう。

下部に着脱ベルト

バイクカバーの下部に着脱ベルトが付いている商品あれば、バイクカバーが風で飛ばされる心配がありません。

カバーが風で煽られることなくしっかりと車体に固定することが大切です。

ワンタッチで取り付けな簡単なものが多いので、そういったベルトを選ぶのが良いです。

チェーンロックが使えるタイプ

タイプバイクの盗難防止で、バイクロックを使うのが一般的ですが、バイクカバーにチェーンロックを通す穴がついているものもあり、バイクへのいたずらや盗難へ対策できます。

バイクカバーにロックの穴がなくてもチェーンはかけられるますが、チェーンがカバーの外からも見えるようになるので、盗難者から目をつけられにくくすることができ、不意ないたずらを避けることにもつながります。

チェーンロックの穴は、前後両方についていると、さらによいです。

外側が防炎

加工バイクを保管しているときに、放火や火災により愛車が被害にあうことがあります。

火災に備えて、バイクのカバーシートは防災加工付きのものが良いです。

防災加工付きのバイクカバーでも火災の状況によっては、100%愛車を守ることはできないかもしれませんが、防炎性能の高いバイクカバーであれば、炎が大きく燃え広がらないので、だいぶ軽減出来ます。

カバーの透湿性

バイクカバーは、しっかりとバイクを保護して雨水も通さないものが大切なのですが、床からの水蒸気により、湿気がカバーに溜まることがあります。

いくら防水がしっかりしていても、カバー内の湿気や結露がひどければ錆の原因になりえます。

カバー内の湿気を防ぐために、バイクカバーは適度に空気を通し、湿気を寄せ付けない生地を使用したものが良いです。

外出先にも持っていきたい!

携帯性はバイクでのツーリングで出先でバイクカバーを使用する場合、携帯できるかどうか確認をしておきます。

行先で屋根があるところであればいいですが、屋根が無くて野ざらしになるのが気になる人は携帯性に優れているバイクカバーを選びましょう。

携帯性のポイントは、コンパクトに折り畳めるもので、収納袋付きのものが良いです。

バイクのサイズに合ったもの

バイクカバーの商品説明にはサイズが記載されています。

愛車のサイズに合っているか確認しておかないと、バイクが収まらないこともあります。

商品説明には対応する車種の記載があるものもあるのでチェックしておきましょう。

前カゴやリアボックスが付いているとサイズは変わってくるので、選ぶときはワンサイズ大きいものにすると良いです。

バイクカバーおすすめ大切な愛車を、雨や埃から防ぐバイクカバーは、保管時に大事なアイテムです。

バイクカバーおすすめ10選

バイクが雨でぬれてしまうと錆の原因になるので、防水性や通気性に優れていることや、風で飛ばされないようしっかり装着できることがバイクカバー選びで重要なポイントです。

また、エンジンを止めてすぐだとまだエンジンが熱い状態でカバーをかけることになるので、熱でカバーが溶けないよう耐熱性に優れていることも重要です。

おすすめのバイクカバーをチェックしてみましょう!

Favoto バイクカバー 厚手

Favoto バイクカバー 厚手

出典:アマゾン

ベストセラーを誇るバイクカバーで、2,500円程度の価格にもかかわらず、防水、耐久性など一通りの機能があり、高い性能となっているのです。

防水については、生地が分厚く、撥水加工がされているので強い雨でも問題ありません。

防風については、防風ベルトが付いているので風で煽られるのも抑えられます。

雨と風対策がしっかりされているカバーなので、台風の日でも安心して使用できます。

しかし、数カ月1回程度は撥水スプレーかけすることをおすすめします。

裏地が銀メッキになっているので、耐久性も問題ないです。

カバーは分厚くてしっかりしていますが、重量が720gと軽量なので、バイクにかけるときが楽です。

Homwarm バイクカバー 300D厚手

Homwarm バイクカバー 300D厚手

出典:アマゾン

300Dオックスの生地により、頑丈で重みと厚さが十分にあるので心強いです。

カバー下方の中央にロックするバックルと、裾を絞れるゴムがあるので、強い風の日でも安心です。

しっかりした生地で防水、防塵もしっかりされていて、紫外線カットもあるのでバイクへのダメージが軽減されます。

耐熱も優れているのでマフラーの熱で溶けることはないです。

これだけしっかりしているカバーですが、価格は3,000円前後とお手頃です。

しっかりしたカバーで普段からバイクを保護することでバイクのメンテナンス削減につながります。

Libzaki 【改良素材】高品質 バイクカバー

Libzaki 【改良素材】高品質 バイクカバー

出典:アマゾン

長さが265cmある大きめなカバーシートです。

300Dオクスフォードの生地により、防水性、耐久性は抜群に良いです。

結合部分も防水テープが使われているので豪雨のときでも安心です。

中央部分にバックルがあり、袖裾を絞れるゴムがあるので、強い風の日でも飛ばされる心配がないのと、盗難防止にもなりますしっかりした厚い生地と丈夫な素材でできていますが、価格は3,000円以内と安いのもうれしい点です。

OSS ( 大阪繊維資材 ) 高機能 スマートバイクカバー

OSS ( 大阪繊維資材 ) 高機能 スマートバイクカバー

出典:アマゾン

価格が2,300円前後と安い方ですが、高機能なスマートカバーです。

シルバーコーティング生地の厚さは十分あり、紫外線もカットしてくれます。

ベンチレーション機能付きなので内部にこもった湿気を排出でき、ワンタッチバックル、ロック用穴前後色分けなどバイクカバーに必要な基本機能は一通り付いているので、コストパフォーマンスは良いです。

しかし、耐熱ではないので、マフラーの熱で溶けないよう注意が必要です。

Velway バイクカバー 丈夫なオックス生地 防水

Velway バイクカバー 丈夫なオックス生地 防水

出典:アマゾン

価格が2,000円程度と安いですが、防水、耐熱、強風対策など一通りの機能が付いているカバーです。

撥水加工の特徴は生地を使っているので、雨水をしっかりと防いでくれます。

また、蒸気や空気は布面を通り抜けるようになっているので、蒸れる心配もありません。

紫外線カットに対応しているのでバイクが日焼けするのを防いでくれますが、生地が薄いので日にちが経つと裂けてしまう可能性があります。

しかし、薄い分重量も680gと軽めなのでバイクにかけるのは楽です。

ヤマハ(YAMAHA) バイクカバー Eタイプ

ヤマハ(YAMAHA) バイクカバー Eタイプ

出典:アマゾン

YAMAHAのカバーで国産なので安心して使用できます。

防水性については、生地はしっかり防水になっていますが、ミシン目のところから侵入してしまうので注意が必要です。

価格は少し高めで5,000円前後ですが、国産の縫製はしっかりしているので、これぐらいの価格になるのは仕方がないでしょう。

二重縫製で生地はしっかりしていますが、そこまで厚くないので、バイクにかけるときは楽です。

ヤマハ発動機(Yamaha)
¥6,050 (2021/09/16 18:11:04時点 Amazon調べ-詳細)

デイトナ バイクカバー シルバー

デイトナ バイクカバー M シルバー

出典:アマゾン

2千円程度と安い価格で買うことができるカバーで、前後が分かるようミラー、前、後ろに3色の配色がされているのでカバーをかけるとき分かりやすくなっています。

風飛び防止については、大きめのベルトが付いているので風が吹いていてもばたつかないようにできます。

防水については、撥水加工がされていますが、時間が経つと効果が薄れてきますので、定期的に防水スプレーで強化することをおすすめします。

また、日焼けして変色してしまうこともありますが、価格が安いのである程度の期間使用したら新品に交換してもよいでしょう。

XYZCTEM バイクカバー【最新改良】超撥水塗料オックス生地

XYZCTEM バイクカバー【最新改良】超撥水塗料オックス生地

出典:アマゾン

多くの人気インフルエンサーから評価されているカバーです。

しっかりした厚い生地なので、防水性に優れ、耐久性も問題ありません。

しかし、豪雨の場合だと雨が侵入することがあるので注意が必要です。

フロント、センター、リア、タンクにしっかり固定できるので、強風でもばたつきにくいようになっています。

価格は3千円程度で、一通りの機能は揃っているので、見合った金額となっています。

平山産業 バイクカバー 絆

平山産業 バイクカバー 絆

出典:アマゾン

平山産業のバイクカバーで、国内での長年の経験から培われた技術で高い品質を誇るカバーです。

生地は厚くてしっかりしており、材質も良いので耐久性は良いです。

耐熱性については、熱くなったマフラーでも溶けることはなく、マフラーが冷える前でも安心して使用できます。

価格は5千円以上しますが、高い品質のカバーは評判が良く、愛用している人も多いです。

Barrichello(バリチェロ) バイクカバー ブラック

Barrichello(バリチェロ) バイクカバー ブラック

出典:アマゾン

高級感のあるデザインで見た目通り、最高級の生地を採用しているので、頑丈にできています。

防水性については大雨でも全く濡れないので、とても優れています。

生地は薄めでもしっかりとバイクを守ってくれます。

このカバーはあえて耐熱には対応しておらず、これはマフラーが冷える間はバイクのメンテナンスをしっかりしてほしいという願いが込められているのです。

まとめ

バイクカバーには様々な機能があり、愛車の劣化や盗難から守るのに重要であることが分かります。

環境によっては愛車を何から守りたいかが変わるので、バイクカバーの必要機能は人によって異なります。

また、バイクカバーは消耗品だと割り切って使う人もいれば、耐久性重視で長く使う人もいます。

この記事に書かれているポイントを確認し、自身の用途に合ったバイクカバーを選ぶようにしてください。

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの8月はいいよ!なんといっても9月はシルバーウィークもあるからバイク需要は増えるの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!