バイク用語辞典規格, は行 > 馬力規制

馬力規制

国産メーカーは国内向けのモデルに対して自主的に馬力に限界を設け、それ以上の馬力を持つバイクを生産しないようにしました。 

自動車の世界でも国産車では馬力規制が存在します。

1989年に軽自動車を除く乗用車の馬力を国産メーカーが自主的に馬力の上限を280馬力に規制したというものです。

バイクの世界では、バイクの輸出モデルには馬力規制をかけていないため、同じ車種でも国内のモデルと、 輸出モデルに馬力の差が出てしまうこともある。

海外モデルで右側通行、左側通行ということを考えればヘッドライトを含む保安部品などの設備が異なるのは仕方ないですが、同じ車種で馬力が違うものが存在するというのは・・・

その海外モデルを逆輸入して、同じモデルなのにパワーの違う2車種がバイクショップに並んでいたということも多々あります。

馬力規制はするけど、逆輸入は問題なしというのは、いろいろな問題が絡み中々むずかしいですね。

参考までに国内バイクの馬力規制

  • ~50cc/7.2ps
  • ~125cc/22ps
  • ~250cc/40ps
  • ~400cc/53ps
  • ~750cc/77ps
  • 750cc超/100ps

それぞれの排気量で、表示馬力以下となっています。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/260standard/post_161.html" target="_blank">バイク用語辞典:馬力規制</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページは馬力規制です。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.