バイク用語辞典ライディング関連, さ行 > セルフステア

セルフステア

セルフステアとは、バイクをバンクさせると勝手にハンドルが切れることを言います。

誰も乗っていないバイクをまっすぐにして後ろから押し、動き始めたら左右バイクを傾けます。するとハンドルが勝手に切れていきます。

このように傾けたバイクのバンク角に応じてステアリングが切れていくことをセルフステアという。

これを活かすことによってバイクは安全に楽に曲がっていくことができる。

ライダーはなるべく腕の力を抜いて、ハンドルが勝手に切れるのを邪魔しないようにすることが大切です。 また下半身でしっかりバイクをホールドしてやると、自然と腕の余分な力が抜けてきます。

また、進行方向をしっかり、また近くを見ないで遠くに視線を置くことにより曲がりやすくなります。

腕に力が入っていてもセルフステアが強力なため、ある程度は曲がってくれます。

しかし、より効果的にバイクを曲げるためには、ハンドルを握っている手の力、 また腕の力を抜いてハンドルが切れやすい環境を作ることが大切です。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/220riding/post_144.html" target="_blank">バイク用語辞典:セルフステア</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはセルフステアです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.