バイク用語辞典バイクパーツや材料, た行 > 鍛造(たんぞう)

鍛造(たんぞう)

金属を圧縮成型すること。非常に強固に作ることができるがコストは高くなってしまいます。

金属を圧力を加える事で、金属内部のすきまをつぶし、結晶を微細化し、結晶の方向を整えて強度を高めると共に目的の形状に成形する金属加工法です。

バイクのパーツでは主にトランスミッションなどギアやメインシャフト、カウンターシャフトなどのパーツに使われます。

鍛造はその方法により次の種類に分けることができます。

  • 熱間鍛造:素材の変形抵抗を減少させるために高温で鍛造する。フォージングといいます。
  • 冷間鍛造:常温で鍛造する。出来上がりの製品の寸法精度が熱間鍛造より優れる。コールドフォーミングといいます。
  • 溶湯鍛造:鋳造の改善工法、凝固収縮による鋳巣の発生をふせぐため、半凝固状態で加圧する。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/190parts/post_73.html" target="_blank">バイク用語辞典:鍛造(たんぞう)</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページは鍛造(たんぞう)です。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.