バイク用語辞典バイクパーツや材料, た行 > チタン

チタン

軽さや強度がバイクに向いているために、マフラーなど色々なパーツに使われています。

チタンは、1910年に生まれました。

チタンという名前は、ギリシャ神話のタイタン(巨人)からとりました。

重量は1cc当たり4.5gと鉄の約6割と軽いのですが、丈夫で錆びにくく、しかも、人間の肌に触れてもアレルギーを起こさないとても優しい金属です。

チタンは熱にも強くて融点は約1,670℃です。、鉄の融点よりも高いのです。

熱の伝わりはステンレス鋼と同じぐらいですが、重さは約半分で、とても扱い易い金属です。もちろん、毒性は有りません、汚れ落ちもとてもスムーズです。

チタンは材料学的には、αチタン、α+βチタン、βチタンの3種類に分類されます。

具体的な品種は

  • αチタン:純度の高い純チタン
  • α+βチタン:Ti-6Al-4V 合金
  • βチタン:Ti-15V-3Cr-3Sn-3Al 合金

α+βチタン、βチタンをまとめてチタン合金といいます。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/190parts/post_145.html" target="_blank">バイク用語辞典:チタン</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはチタンです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.