バイク査定・売却した体験談

モト・グッツィ 1100Sportを「バイク屋」で査定・売却した体験談・口コミ

投稿日:2019年4月7日 更新日:

今日はモト・グッツィ 1100Sportを乗っていた「禎さん」に1100Sportをバイク買取業者に査定、売却をした体験談を聞くことができました。

1100Sportをなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?

そして、もっとも気になる1100Sportをなぜ売却することにしたのか、どこのバイク買取業者に査定を依頼して、結果どのくらいの売却額だったのか?

同じような年式やバイクの査定・売却を考えている方も気になる体験談ではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
禎です。男・53歳です。
愛車を教えて下さい。
モトグッチ MOTO GUZZI 1100Sportの1996年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2013年に「行きつけのバイク屋さん 」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金、中古乗り出し60万円です。
1100Sportを購入した理由や動機を教えてください。

新車から乗り続けているharley(1990年式)が、10万キロとなり、あちこち痛みが出始めた。

整備の為、インチネジを買いに行きつけの店に行ったところ、昔憧れていたMOTO GUZZI 1100Sportが、ワンオーナー車で売りに出ていた。

跨ると、シートとハンドル位置が同じという過激さ、走り出すとharleyよりも自己主張するエンジンに一目惚れ。現金で即決となる。

確かにワンオーナーで車体は綺麗、立ちごけ傷一つない美車!走行距離も少なく、1万キロ以下の為、何の不安や心配もなく購入。

何十年ぶりにもなる、過激な前傾姿勢が新鮮で、それ以降5年間harleyの出番は無くなる。通勤にツーリングに、motoguzziで走り回った。5年間で、走行距離は2万5千キロをこえた。

どちらのバイク買取業者に査定・売却をしましたか。
買ったお店です。
愛車を売却した理由や動機をお聞かせ下さい。

MOTO GUZZI 1100Sportはharleyよりも強い鼓動感。アクの強い低回転域。回すと逆にモーターの如くスムーズとなるエンジン。強い前傾姿勢。全てが素晴らしく、最後まで乗るつもりであった。

春と秋の三泊ツーリングでは、走り出すと1500キロを走り。夏の四泊五日ツーリングでは、2500キロを超える旅を繰り返した。1日で、700キロ以上走った。

しかし、その独特なエンジン構造故に、エンジンオイル交換にオイルパンを外さねばならず、またマフラーもその都度脱着しなければならない煩わしさがあった。ガスケット交換もしなければならない為、オイル交換毎の出費は痛かった。

加えて、前オーナーが乗らずにとっていた車体故に、あらゆる箇所からのオイル漏れが続き、5年間での修理代は車体代金を遥かに超えた。

また、harleyと異なり、部品が手に入らない為、ワンオフでの作製もしなければならなかった。2018に、家族介護の為、それまで28年間勤めた仕事を辞めねばならなくなり、金銭的に所有し続けることが困難となった。

28年間新車以来乗り続けているharleyを手放すか、次から次へと壊れるイタリア美人を手放すかの選択に迫られ、結果motoguzziを手放すことになった。

今回の1100Sportの査定額と売却額を教えてください。
査定額は25万円、売却額25万円でした。
今回のバイク売却や査定、売却額についての思いや納得度など、色々と教えてください。

MOTO GUZZI 1100Sportという古いイタリア車、歴史的な名車でもなく、仕方ない金額。

車体に傷はない、転倒歴は立ちごけさえないが、走行に伴う子傷はある程度。売却する半年前に、ワンオフでチタンマフラーも入れたばかりであり、個人的には査定で30万超えを考えていた。

これがmotoguzzi専門店ならば、もっと良い値になったと思う。そのバイク屋は古いバイクを重点的に扱う店で、昨今流行りの旧車専門店ではない、所謂町の古くからあるバイク屋さん。

昭和のお店。客はharleyやBMWが多く、motoguzziを好む客は皆無である。販売を考えれば、致し方ない金額ではある。店から買った車体は店に戻すべきと、個人的には信念がある。

その為に、金額がどうのこうのではなく、買ったお店にバイクを戻した。明らかに失敗である。

売却についての満足度と感想を教えてください。

ちょっとイマイチ。もうちょっとなんとかならないか?と思っています。

MOTO GUZZI 1100Sport売却は金銭の問題ではなく、motoguzzi専門店に売るべきだった。個性の強過ぎるバイク故、乗る人もまた限られる。

motoguzzi専門店に任せたならば、次のオーナーもmotoguzzi好きなエンスーだったたはず。

バイク屋から買ったバイク故、元のお店に戻したのだが。車体のこと、先々のことを考えるならば、他県になるが、motoguzzi専門店に売るべきだった。私の住む県には、motoguzziの正規代理店は存在しない。悔やまれる。またいつか、motoguzziに乗りたいとの願いはある。

バイク用語辞典管理者

禎さんありがとうございました!

1100Sportを査定売却した貴重な話、本当に参考になりました。

皆さんにも1100Sport、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の情景が浮かんだのではないでしょうか。

あなたのモトグッチ 1100Sport、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の参考になればうれしいです!

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-バイク査定・売却した体験談

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.