バイク用語辞典内装・外装関連, あ行 > アッパーカウル

アッパーカウル

ビキニカウル。ヘッドライト周りの小さいカウルのこと。

アッパーカウル(ビキニカウル)といえばこのバイクでしょう。

スズキGS1000S (1979)

輸出車。空冷4ストロークDOHCインライン4。GS1000にビキニカウル装着。

suzuki GS1000S

青と白のワークスカラーに塗り分けられ、Fショックには調整式エアサスが装備されていました。

星型キャストホイール+トリプルディスク。

GS1000に比べタイヤサイズが細くなっていて、後輪は17インチから18インチに変わっています。

もちろんエンジンにも手が加えられています。

当時ヨシムラのエースライダーであったウェス・クーリーにちなみ、「クーリーレプリカ」として人気を博しました。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/120exterior/post_15.html" target="_blank">バイク用語辞典:アッパーカウル</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはアッパーカウルです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.