バイク用語辞典ライディング関連, あ行 > 押しがけ

押しがけ

セルが回らない、キックが下りないなどの時に行うエンジン始動法

バッテリーが上がってしまってセルが回らない、そしてキックスタートができない、または何らかのトラブルによりキックスタートができない、キックペダルが下りない時に行うエンジン始動の方法です。

バイク押しがけの手順

  • バイクのメインスイッチをONにする。
  • バイクに跨らず、ギアを2速(又は3速)に入れます。
  • チョークを引きます。
  • クラッチを切り、バイクに体重をかけ前方へ押し、走り出します。
  • ある程度バイクにスピードがついたらバイクのシートに横のりしてリアタイアに荷重をかける。
  • その瞬間にクラッチを繋ぐ。
  • バイクの勢いでリアタイヤによりエンジンが回され、始動する。
  • エンジンがかかったらすぐにクラッチを切り、軽く数回アクセルをあおる。
  • ギアをニュートラルに入れて、アイドリング暖気させる。

非常用なのでバッテリーが上がった場合はバッテリーを買いに行くのを忘れずにします。

また、エンジンがかかったらクラッチをすぐ切ること。クラッチを切ることが遅れるとバイクが飛び出します。

バイクに飛び乗る時に転倒しやすいので気をつけましょう。

スクーターなどのオートマチックバイクには使えません。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/220riding/post_128.html" target="_blank">バイク用語辞典:押しがけ</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページは押しがけです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.