バイク用語辞典電装, あ行 > アーシング

アーシング

「Earth」+「ing」と言う造語から生まれた言葉。正確には「アースボンディング」「マイナス配線の強化(又はオーバーホール) 」と呼ぶようです。

アーシングの作業自体はとても単純で簡単です。エンジンルーム内の電装品のマイナス配線を追加することで、 その車本来の性能を引き出そうというのが目的です。

理屈的には洗濯機やレンジの裏にあるあのアース(地球、大地)線の話と同じです。

電気はプラスからマイナスへ流れます。

電池から→プラス配線を通り→電化製品→マイナス配線→電池と廻ります。

この際マイナス配線(=アース線)が劣化などにより抵抗が大きいと電化製品の本来持っている力が発揮できないことに着目して、 マイナス配線を追加し電池に電気を抵抗なく戻すことです。

よって電化製品が本来の力を発揮することにより、エンジンの性能が引き出されるようです。

しっかりしたデータが少ないので、本来の効果はどの位かは数値的に証明されていません。

もし、あなたのバイクいじりでやることがなくなった場合の暇つぶし、もしくは 経年劣化してしまったバイクのメンテナンスの延長上でやる方がいいかもしれません。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/140electric/post.html" target="_blank">バイク用語辞典:アーシング</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはアーシングです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.