バイク用語辞典一般的な用語, は行 > パッシング

パッシング

バイクのヘッドライトのロービームの時に、ハイビームスイッチをカチカチとしてヘッドライトの上下を交互に点灯させること。

追い越しの際に前方の車に注意を促したり、「どうぞお先に」と道をゆずるときに使われるなど、いろいろな合図として認知されている。

スクータなど、バイクにはパッシングスイッチがついていないものもある。

ちなみに私の所有しているスクーターもパッシングスイッチはついていません。

どうやら、交差点の譲り合いなどで使われるパッシングも東京と大阪では違うそうです。ツーリングなどで他の土地に言ったときは気をつけましょう。

スポンサードリンク

  • リンクフリーです!以下のタグをお使いください
  • <a href="http://www.shift-up.net/290yougo/post_82.html" target="_blank">バイク用語辞典:パッシング</a>

バイク用語には、こんな記事もあります。

  • あなたの見ているこのページはパッシングです。

当サイトについてと免責事項

  • バイク用語辞典は個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。
copyright(c) バイク用語辞典 All Rights Reserved.