マスツーリング

集団で、複数台数のバイクでツーリングすることをマスツーリングといいます。

対して一人でのツーリングをソロツーリングといいます。

マス(mass)とは、「集団」「大量」という意味合いがあります。

というわけで、マスツーリングは複数の人数で行くツーリングのことをいいます。

厳密に何台いれば「マスツーリング」と呼ぶという定義もなく、2台でも走っている人達がそう思えばマスツーリングと言ってもいいと思います。

バイクをただ一つの移動手段として山岳や海辺のルートを走るツーリングには短いコースを行くショートツーリング、長いコースのロングツーリング、行った先でキャンプをするキャンプツーリングなどがあります。

郊外の国道や高速道路などで存在感のあるバイク集団が走る光景を見たことのある人もいるでしょう。

バイク販売店やオーナーズクラブなどで主催することも多く、一人で走るのとは違った楽しさがあります。

初心者ライダーのときこのマスツーリングは大変心強いでしょう。

しかし一方では団体行動ゆえのルールやマナー、そして他の走行車などに対する気遣いも要されます。

1台がトラブルをしたり、遅れたりすると全員に迷惑がかかる反面もあります。

抑えておきたいポイントはまず出発前の打ち合わせ。

行先、ルート、立ち寄るスポットは全員が把握することが重要です。

一人、経験豊かなリーダー的存在が必要。

リーダーが先頭を走り、副リーダーが最後尾を走るなど全体をまとめて走るといいでしょう。

走行中は他の交通に迷惑が及ばぬよう千鳥走行を維持する。

燃料補給は全員一緒に行う。

などなど、幾つものルールを取り決め、リーダー筆頭に参加者各々が依存心なく厳守して楽しむことが大切です。

私がやったマスツーリングは、現地集合、現地解散がほとんどでした。

それって、ソロツーリングじゃないの?・・と思われるかもしれませんが、案外この方がまとまって走れたものです。待っていたり、先にいっても心配をかける必要もなかったので楽でした。

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!