ライポジ・ライディングポジション

シートやステップ、ハンドルなどの位置関係から決定される、身体や足、腕の位置、ポジションなど、バイクに乗車するときの姿勢をライディングポジション、略してライポジといいます。

正しいライディングポジションをとることで、ハンドル操作がしやすく、視界もよくなり情報も集めやすく、長く乗っても疲れにくくなります。

楽しくて安全なバイクライディングの第一歩は正しいライディングポジションを覚えることから始まります。

基本的なライポジは、まず視線は広く遠くを心がける、肩や腕には力を入れず両脇をやや締める、グリップを握る手はアクセル操作がスムーズに出来るよう柔らかく添えるイメージで、両膝は軽くタンクを締めるように。

そして足は素早いペダル操作ができるよう土踏まずをステップに載せ、つま先をブレーキペダル、チェンジペダルの上に。

横から見た姿勢はヘソを前に出すようにし、軽く胸を張るように。

背筋を伸ばす、背中を反るというのではありません。

安全でスマートなライディングをするためには、まずライポジをマスターすることが大切。

正しいライポジを癖にする、そのためにはやはり練習が必要です。

  • ライポジチェックポイント
  • 目:視線は広く遠くを心がけます。近くを見たりしません。
  • 腕:ステアリング操作が楽にできるように、力を抜いて突っ張らず両脇を少し緩めます。
  • 手:柔らかく添える感じで、アクセル操作がスムーズにできるような角度でグリップを握ります。
  • 膝:両膝でタンクを軽く閉めるようにニーグリップします。
  • 足:すばやいペダル操作ができるように、土踏まずをステップに乗せてつま先をブレーキペダル、
    シフトペダルに触れるくらいにしておきましょう。
  • 腰:ハンドル操作がしやすく、膝や足が窮屈にならないシートの位置に腰掛けます。
  • 肩:力をいれず、リラックスした状態にします。
バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!