ライディング関連

ライポジ・ライディングポジション

投稿日:2015年9月20日 更新日:

バイク用語辞典管理者 オススメ

シートやステップ、ハンドルなどの位置関係から決定される、身体や足、腕の位置、ポジションなど、バイクに乗車するときの姿勢をライディングポジション、略してライポジといいます。

正しいライディングポジションをとることで、ハンドル操作がしやすく、視界もよくなり情報も集めやすく、長く乗っても疲れにくくなります。

楽しくて安全なバイクライディングの第一歩は正しいライディングポジションを覚えることから始まります。

基本的なライポジは、まず視線は広く遠くを心がける、肩や腕には力を入れず両脇をやや締める、グリップを握る手はアクセル操作がスムーズに出来るよう柔らかく添えるイメージで、両膝は軽くタンクを締めるように。

そして足は素早いペダル操作ができるよう土踏まずをステップに載せ、つま先をブレーキペダル、チェンジペダルの上に。

横から見た姿勢はヘソを前に出すようにし、軽く胸を張るように。

背筋を伸ばす、背中を反るというのではありません。

安全でスマートなライディングをするためには、まずライポジをマスターすることが大切。

正しいライポジを癖にする、そのためにはやはり練習が必要です。

  • ライポジチェックポイント
  • 目:視線は広く遠くを心がけます。近くを見たりしません。
  • 腕:ステアリング操作が楽にできるように、力を抜いて突っ張らず両脇を少し緩めます。
  • 手:柔らかく添える感じで、アクセル操作がスムーズにできるような角度でグリップを握ります。
  • 膝:両膝でタンクを軽く閉めるようにニーグリップします。
  • 足:すばやいペダル操作ができるように、土踏まずをステップに乗せてつま先をブレーキペダル、
    シフトペダルに触れるくらいにしておきましょう。
  • 腰:ハンドル操作がしやすく、膝や足が窮屈にならないシートの位置に腰掛けます。
  • 肩:力をいれず、リラックスした状態にします。

コチラも見てみませんか?



2019年バイク買い取り:おすすめベスト3

2019年のバイク買取はどこが良いのか?何年も乗っていないような不要なバイクを持っている人でも、やはり愛着のあるバイクを売る時はできるだけ高く査定をしてもらいたい。

バイクを売る場合は、間違いなく一番高く売ることができるのは自分でオークションに出品すること。しかし素人ではバイクの名義変更や受け渡し、ナンバーや廃車のことなどわからないことがたくさんある。であれば、やはりバイク買取の専門の業者に納得行く価格で売るのが一番手軽で安心というもの。 当サイトおすすめのバイク買い取り業者おすすめベスト3をぜひチェックしてほしい。

1位:バイクワン

どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!

2位:バイク王

『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。

3位:バイクBOON

『バイクBOON』は逆輸入車やカスタム車・外車など、マニアックなバイクの買取に強いバイク買取サービスです。買い取り受付から出張訪問まで最短1時間のスピード対応!!バイクブーンでは、ATV、レーサー、サイドカー、トライクなど 特殊車輌も高価買取実施中。

バイク買取受付から最短当日お伺い!!ご希望のお時間【夜間でも】OK!

  • この記事を書いた人
Ayumi

Ayumi

こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古いw)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

-ライディング関連

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.