浅間火山レース

昭和30年(1955)11月5・6日、日本で行なわれた初めてのオートバイ・レース日本のモータースポーツの原点となった「浅間高原レース」のこと。

小説「汚れた英雄」のファーストシーンに使われて有名です。

群馬県と長野県の境にある鬼押出し近辺の牧草地(ダート)で行なわれ1周が約19.2Km。
30秒間隔で2台ずつコースインするインターバルスタートでした。(正式名称:浅間高原自動車テストコース)

レース結果は、各ライダーの順位とゴール時の前車との差だけが発表された。レースタイム(トータルタイム)やラップタイムは一切公表されなかった。なぜー?

第1回目のレース結果は、125ccクラスでは、ヤマハの日吉昇、小長谷茂、望月修、岡田輝夫が1~4位を占め、スズキの山下林作、鈴木英夫、神谷敏夫が5~7位、
8位はベビーライラックの幸田で、スズキの市野三千雄は17位、伊藤利一は途中で棄権した。ホンダは完敗。

250ccクラスでは、シャフトドライブのライラックに乗る16歳の伊藤史朗(いとうふみお)が優勝。2位はホンダの谷口尚巳だった。

350ccクラスと500ccクラスは同時にレースが行われた。先に500cc、続いて350ccが、2台ずつ30秒間隔でスタート。

3350ccでは、ホンダの大村美樹夫、佐藤市郎、中村が1~3位を占め、4位に陸王の平田、5位にマシンを押してゴールしたホンダの鈴木義一がはいりました。

500ccクラスは、優勝がホンダの鈴木淳三。2、3位はDSKの井上武蔵と杉山義雄、4位はメグロの松川実でしたが、DSKとメグロは外国製部品の使用により失格となり、キャブトン勢が2~4位に繰り上がりました。

なお、350ccで優勝した大村美樹夫のレースタイムは、500ccで優勝した鈴木淳三より7分41秒も速かったとのことです。

バイク買取のおすすめはコレ!

バイク用語辞典管理者

もしバイクを査定したい、売りに出したいと思っているならこの11月はラストチャンスになるかもしれない。なんといっても11月は1年中で一番晴れる日が多いの。

そして、各地は紅葉シーズンに突入をするので、まだまだバイクの需要はあるのです。

これが真冬になってしまうと・・・同じバイクでも値段がガクッと下がってしまうもの。さらに12月を超えると年式が1年古くなり、同じ状態でもますます査定は不利になります。

もしちょっとでもバイク売却を考えているのなら、まずは査定をしてみてはどうでしょう。無料だしね!

バイク買取専門店 バイクワン
バイクワンの安心

・買取価格で証明をします
・親切ていねい、安心取り引き
・バイク全車全メーカ対応
・24時間買取申込受け付け
・全国無料出張査定
どうせバイクを売るなら、少しでも高く売りたい」 と言う皆さんのご要望に、ずばりお答え!24時間体制でバイク査定、バイク買取の専門スタッフが対応します。

また不要バイク、事故車、不動車などの売却、処分を考えているのであれば、まずは、バイク買取専門店バイクワンに相談をしてみよう!
バイクを売るならバイク王
バイク王選ばれる理由

・不動車、事故車、どんなバイクもOK
・バイク買取シェアNo1!
・一番だからできる納得の高価買取
・電話1本で無料出張買い取り
・面倒な手続きも無料代行
『バイク王』はテレビメディアなどの広告に力を入れているので、最も有名な部類に入るバイク買取店の一つです。バイクに興味のない方でもヤンキースの松井さんが「バイク王!!」と言っているシーンは誰もが覚えているのではないだろうか。

そんな知名度ナンバーワンのバイク王なので、だれもがバイク買い取りをしてもらう時にいの一番で思い浮かべるだろう。迷ったらまずはバイク王・・・それは間違いない選択です。
スポンサードリンク
こちらの記事も要チェック!