エンジン関連

ワイドレシオ

2015/10/7  

バイクのトランスミッションにおいて、ローギアからトップギアまでの各ギア変速比の差が大きいものをワイドレシオといいます。

焼け色(プラグの焼け色)

2015/10/6  

バイクのスパークプラグの陶器部分(白い部分、ガイシ)の色

DOHC

2015/10/6  

DOHCはDouble Over Head Camshaftの略。バイクのエンジンのカムシャフトが2つある形式です。

カムシャフト

2015/10/5  

カムシャフトはエンジンを構成する部品の一つで、バルブの開閉に使われるものです。

カブる

2015/10/5  

エンジン内に燃料が行き過ぎプラグの先(火花が出る部分)が濡れてしまい、点火が出来ない状態をカブるといいます。

マフラー

2015/10/3  

マフラーは最後の排気で燃焼されたガスをスムーズに排出すると同時に消音する働きをするものです。

排気量

2015/10/1  

よく耳にするバイクの大きさを示す〇〇ccという表現があります。これは排気量のことで、エンジンが一度に吸い込める混合気の体積を指します。

サイレンサー

2015/9/29  

サイレンサーは排気音の消音のために、マフラーの最後部に取り付けられているパーツです。

最大トルク

2015/9/29  

エンジンが発揮するパワーの最大値が最大トルクです。

最高出力

2015/9/29  

最高出力とはバイクのエンジンが発揮する出力。

サーモスタット

2015/9/28  

サーモスタットとは、エンジンが冷たいときはラジエーターへの水路を閉じ冷却水を適温にし、エンジンが高温のときは開いて水を循環させ積極的に冷却しようとする、温度調節機能を持った弁の役割をするパーツです。

ラジエター

2015/9/21  

ラジエターとは水冷エンジンに搭載されるクーラント冷却器。エンジンの前部に配置されて、走行風によってクーラントを冷却する装置です。エンジンが大きいほど大容量のラジエターが必要になります。

アイドルスクリュー

2015/9/14  

アイドリングの回転数を調整するためのネジをアイドルスクリューといいます。

アイシング

2015/9/14  

アイシングとは、ガソリンが気化するときにまわりの熱を奪い、空気中の水分を凍らせる現象のことをいいます。

アップスイープ

2015/9/13  

アップスイープは、アメリカンバイクでマフラーの中盤からエンドの部分が、上に向いているマフラー形状の総称をいいます。

Copyright© バイク用語辞典 , 2019 All Rights Reserved.