スズキ GSX1300R 隼を「レッドバロン」に売却した体験談・口コミ

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

スズキ GSX1300R 隼を「レッドバロン」に売却した体験談・口コミ

読了までの目安時間:約 5分

 


スポンサードリンク

スズキ GSX1300R 隼を「レッドバロン」に売却した体験談・口コミ

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はスズキ GSX1300R 隼を乗っていた「オヤジさん」にGSX1300R 隼をバイク買取業者に査定、売却をした体験談を聞くことができました。

GSX1300R 隼をなぜ購入したのか?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?

そして、もっとも気になるGSX1300R 隼をなぜ売却することにしたのか、どこのバイク買取業者に査定を依頼して、結果どのくらいの売却額だったのか?

同じような年式やバイクの査定・売却を考えている方も気になる体験談ではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

スポンサードリンク

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
オヤジです。男・34歳です。
愛車を教えて下さい。
スズキ SUZUKI GSX1300R 隼の2008年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2011年に「近くのバイク屋さん」で購入をしました。
購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
ローン、中古乗り出し125万円です。
GSX1300R 隼を購入した理由や動機を教えてください。

もともとスズキのBANDIT1250に乗っていたが、常々ショップの店員に隼が乗ってみたいんだと伝えていたところちょうどグッドタイミングのように新古車レベルの極上隼が入荷されたと連絡が入った。

現物を見に行くと、まだ慣らしが終わっていない1000km未満の車両。なぜこんなに乗られていないのかと前オーナーの話を聞いたところお子さんの玩具状態だったと。パトランプつけて遊んでいた。

ご主人はほぼ乗らず超高級なバイクの玩具状態だったわけだ。新車を買うよりも遥かに安いし、何よりもう少しで慣らしも終わるのを見てすぐさま手付してもらい、一ヶ月もしないうちに乗り換えていた。

どちらのバイク買取業者に査定・売却をしましたか。
レッドバロンです。
愛車を売却した理由や動機をお聞かせ下さい。

ツーリングの帰りに右直事故が発生。相手は謝りもしない女性ドライバー。しまいには迎えに来た旦那も一言も言わない。

相手の車両は大した傷もなかったが、こっちはフロントカウルがズタズタ。フォークがどこまでダメージが入ったかわからないレベル。

相手からの保険屋から修理費請求など、どう考えても相手の過失なのに聞いていない傷の話まで出てくる始末。

こちらはカウル修理とかで修理は可能だったが、事故った以上フレームに傷があったら嫌だから、廃車にして売却。

今回のGSX1300R 隼の査定額と売却額を教えてください。
査定額は50万円、売却額50万円でした。
今回のバイク売却や査定、売却額についての思いや納得度など、色々と教えてください。

廃車扱いとは言え、買い取りはしてくれた。その店とは長い付き合いもあったのでどうにか少しでも足してよと懇願はしていた。

まぁ相手から保険金を取るから売却額はそれほど気にはしていなかった。

直せるよとは言われたけど、一度事故って何よりフレームに何かしら問題があったら嫌だってことを強く押して必要なパーツは回収してもらい、その後はお店の段取りにすべて丸投げして売却した。

売却についての満足度と感想を教えてください。

まぁまぁ想定内の売却額。可もなく不可もない。ただ、売却については成功です。

事故さえなければ売ることは無かった車両。実にもったいない車両であった。

フォークも実際には曲がってはいなかったし、カウル類の交換で直ったとは思う。

とはいえ、次に乗ってみたい車両が頭にあったため、これを気に乗り換えるのもありかなと思いせっかく憧れであった隼を、修理せずあっさりと売却した。

お店の方も直しましょうよとか、そういうアドバイスやアピールとかもなかったのも決めて。

バイク用語辞典管理者

オヤジさんありがとうございました!

GSX1300R 隼を査定売却した貴重な話、本当に参考になりました。

皆さんにもGSX1300R 隼、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の情景が浮かんだのではないでしょうか。

レッドバロンの対応についても良い評価、また査定額、売却額も納得で満足ということで本当に良かったです。

あなたのスズキGSX1300R 隼、もしくは似たような車種を査定、売却する場合の参考になればうれしいです!

スポンサードリンク

 

バイク査定・売却した体験談

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る