RPMS(カワサキ)

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

RPMS(カワサキ)

読了までの目安時間:約 2分

 


スポンサードリンク

RPMS(カワサキ)

カワサキRPMS:レッドラインプラスマキシマムシステムの略

スポンサードリンク

エンジンの過回転を防止するシステムです。

  • カワサキ・GPX750R
  • 車体型式:ZX750F
  • エンジン:ZX750FE型 748cm3 4ストローク
  • エンジン型式:水冷DOHC 16バルブ 直列4気筒
  • 内径x行程 / 圧縮比:68.0mm x 51.5mm / 11.2:1
  • 最高出力:77PS / 9,000rpm
  • 最大トルク:7.0kgf・m / 6,500rpm
  • 乾燥重量:195kg
  • 車両重量:220kg
カワサキ・GPX750Rの点火系レヴリミッターは12,200rpmで点火をカットする設定だが、レッドゾーンは11,000rpmからであり、実際は14,500rpmまで動弁系が正しく作動する能力を持つ、RPMS(レッドライン・プラス・マキシマム・システム)。エアクリーナーからキャブレターまでのダクト内部形状が、主吸気通路と負圧やジェット通路とを分離し、主吸気通路の吸気流速を高めるH.I.TEC(ハイベロシティ・インダクション・テクノロジー)を採用している。(wikipedia抜粋)

スポンサードリンク

 

バイクメーカー特有の用語

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る