ヤマハ セロー250のレビュー/口コミ/インプレ/中古/価格【ユーザーレポート】

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

ヤマハ セロー250のレビュー/口コミ/インプレ/中古/価格【ユーザーレポート】

読了までの目安時間:約 9分

 


スポンサードリンク

ヤマハ セロー250のレビュー/口コミ/インプレ/中古/価格【ユーザーレポート】

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はヤマハ セロー250を愛車にしている「タクさん」にセロー250の愛車インプレッションを聞くことができました。

セロー250をなぜ購入したのか?その購入の理由や動機は?新車・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?長所は?短所は?

セロー250はどのくらいの燃費なのか?

このバイクの購入を考えている方も気になるレビュー、インプレッションではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
タクです。男・31歳です。
愛車を教えて下さい。
ヤマハ YAMAHA セロー250の2012年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2016年に「近くのバイク屋さん」で購入をしました。
新車ですか、中古車ですか?また購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金、中古乗り出し498,000円です。
セロー250を購入した理由や動機を教えてください。

私がバイクを選ぶに当たって一番気にしたところは普段の街乗りから高速道路、さらにはダートやオフロード走行まで、「どこへでもいけること」です。バイクでいろいろなところに行ってみたかったためこのような条件を設定しました。

その上で考えた結果オフロードバイクがいいという結論になりました。オフロードバイクであれば街乗りから多少の悪路はもちろんのこと、練習すればかなり険しい道も走ることができます。

さらに排気量が125ccより上であれば高速道路にも乗ることができます。そこで、250ccのオフロードバイクの中から選ぶことにしました。

オフロードバイクの中で考えるとどのサイトやどのバイク雑誌にも「初心者に優しい」と紹介されているバイクがありました。それがセローです。

私は今のバイクが1台目だったので、初心者にも乗りやすく、また30年以上の歴史を誇り、信頼と実績のあるセローを購入することに決めました。

スポンサードリンク

セロー250の長所を教えて下さい。

車体が軽く操作や取り回しが楽であること。また、車体が軽いことで燃費が良く、私の場合だと今までの平均燃費は33.2km/lとなっています。

セロー250のタンク容量は9.6lのため、単純計算しても300km以上は無給油で走ることができます。その航続性能からオフロード走行だけでなく、高速道路を使った長距離のツーリングにも適しています。

そして、車体が軽いと言う長所が一番発揮されるのは転んだときです。バイクに乗っていれば時には転んでしまいます。転んだときは精神的にかなり焦ります。また、けがをしているかもしれません。

教習所で引きお越しの練習をしますが、そのときのような万全な体制では全くありません。心身ともに普通の状態ではないなかでバイクを引き起こさなくてはなりません。

そんなときにセロー250の130kgという軽さはとてもありがたいです。もし初心者の方がバイクを選ぶときにはなにはともあれ軽いバイクを選んだ方が良いかもしれません。

セロー250の短所を教えて下さい。

逆に車重が軽いことが短所にもなってしまいます。高速走行そしていたり、風が強いときにはあおられて不安定になってしまいます。

ニーグリップをすることでいくらか改善されますが、強風の中をセローで走るとかなり体力を消耗します。

セロー250の平均燃費はどのくらいですか?
平均33km/L程度です。
セロー250から買い換える予定はありますか?

いいえ、今の所ありません。

私は「どこにでもいける」と言う理由でセロー250を選びました。そして現在それに答えられるバイクでセロー250以上のバイクはないと思っています。

各メーカーで新しい機能が付いたバイクがどんどん発売されています。メーターや走行性能の選択といった機能の面ではセローはかなり不親切と言っても良いかもしれません。

しかし、その不親切な機能すらも愛着に変わってきます。個人的にはバイクとは非合理的な乗り物だと思っています。

その非合理的な部分をライダーがカバーして乗ることがバイクの醍醐味であり、その点に関して言えばセローの機能面でのちょっと不親切なところも可愛くなってくるというもの。買い換える予定はありません。

セロー250で行った一番の思い出はありますか。

一番の思いでは林道に行ったことです。オフロード初心者の私は去年の夏に調子に乗って林道の奥深くまで入っていきました。

路面にはゴツゴツとした岩が転がり、さらに急勾配。左右からは伸び放題になった雑草が体中に覆い被さってきます。さらには前日の雨でぬれているためタイヤが滑りやすい。そんな中を息を切らせながら上っていきました。

誰もいない山の中には私と愛車のセロー。頼れるのは愛車だけ。そんな悪路をセローはぐんぐん進んでいきます。

未熟な私のライディング技術をカバーするかのように走ってくれました。結果として私は無事に帰ってくることができました。その経験から私はよりいっそうセローが好きになりました。

セロー250は、どんな所、場所、シチュエーションが合いますか?

やっぱりセローには山が似合うと思います。私のセロー250のカラーは緑です。あの主張しすぎない深めの緑が私は気に入っています。

さらに、ヤマハさんのセンスと言いますか、さすがなのはホイールが金色なんです。一見ど派手に見えるホイールも車体の緑とあわせればこれがなかなかマッチします。

そしてこのカラーリングは日本の自然によく似合うと思っています。新芽の萌える春の山に。緑の生い茂る夏の山に。

紅葉の進む秋の山に。さらには雪の積もる冬の山に、セローというバイクはよく似合うと思います。

セロー250は、評価すると★いくつですか?またその理由を教えて下さい。

★5つ:全てにおいて優等生!誰にでもおすすめできる!

初心者から上級車まで誰にでも勧められます。セローを買えば間違いはありません

セローは軽くて取り回しが楽で、足つきが良く、燃費も良いため多くのライダーの欲望をかなえてくれます。

倒れることを前提とした頑丈な設計で初心者が倒してもそうそう壊れることはありません。

また、車体の軽さと軽快な足回りでライダーの操作に対するレスポンスが良いです。そのためある程度バイクに乗ってきた中級者や上級者もバイクに乗る楽しさを十分に味わえる一台ではないでしょうか。

バイク用語辞典管理者

タクさんありがとうございました!

セロー250の愛車インプレッション、レビュー楽しかったです。

タクさんには・・・

さらにセロー250は、スポーツバイクに比べるとオフロードバイクは安価で経済的にも優しいかと思います。

セロー250には多数のオプション装備を追加した「ツーリングセロー」があります。ビッグスクリーンや大型キャリアーは見ていてワクワクします。このほかにもセローにはオプション装備が多数あり、自分の用途に合った改造ができることも魅力です。いままでに書いてきたことを総合して星5つにしました。

・・・以上のようにセロー250について〆ていただきました。

皆さんにもヤマハ セロー250の良さや、長所、短所、さらには燃費や使い勝手などがわかったのではないでしょうか。

さらに、セロー250の気になったところ、逆に弱点など知りたかったことなどが理解できたかもしれません。

あなたのヤマハ セロー250を考える際、参考になればうれしいです!

The following two tabs change content below.
Ayumi
こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古い!)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

スポンサードリンク

 

愛車レビュー・インプレッション

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る