スズキ ST250のレビュー/口コミ/インプレ/中古/価格【ユーザーレポート】

バイク用語辞典

バイク用語辞典はライダーのためのオートバイ用語辞典です。

スズキ ST250のレビュー/口コミ/インプレ/中古/価格【ユーザーレポート】

読了までの目安時間:約 7分

 


スポンサードリンク

スズキ ST250のレビュー/口コミ/インプレ/中古/価格【ユーザーレポート】

バイク用語辞典管理者 オススメ

今日はスズキ ST250を愛車にしている「Dooさん」にST250の愛車インプレッションを聞くことができました。

ST250をなぜ購入したのか?その購入の理由や動機は?中古・中古車?どのくらいの値段、購入価格だったのか?長所は?短所は?

ST250はどのくらいの燃費なのか?

このバイクの購入を考えている方も気になるレビュー、インプレッションではないでしょうか!

それでは行ってみましょう!

お名前・性別・ご年齢を教えてください。
Dooです。男・46歳です。
愛車を教えて下さい。
スズキ SUZUKI ST250の2004年式です。
購入はどちらで購入年度はいつですか。
2008年に「近くのバイク屋さん」で購入をしました。
新車ですか、中古車ですか?また購入はおいくらで、購入方法は現金orローンですか?
現金、中古乗り出し21万円です。
ST250を購入した理由や動機を教えてください。

2008年7月に普通二輪免許を取得し、最初のバイクを探していました。当初はホンダのホーネット250をターゲットにしていましたが、それまで乗っていた原付スクーターを購入したバイク屋に行ったところ、ちょうど程度の良い中古のST250が置いてあり、店長から試乗を薦められたのが始まりです。

早速試乗に出かけ、近所を走り回ってみたところ、車体が軽く扱いやすいこと、また初心者である自分にとっても、トルク感が感じられるために大変乗りやすく感じられたこと、さらには単気筒ゆえの独特のパルス感を感じられたこと、といった点で非常に気に入ったのを記憶しています。

店舗に戻り、店長と話をする中で、軽い車両から順に大きくしていくほうが良いという点も教えて頂き、気づくとその場で仮契約をしていた、という状態でした。

スポンサードリンク

ST250の長所を教えて下さい。

とにかく軽いことが一番の長所です。ちょっとした買い物などの、いわゆる「チョイ乗り」にも、まったく不自由せずに乗ることができます。

そしてその軽さ、さらに車体のスリムさにより、出先での駐車場所に困ることもありません。

また、単気筒の250ccであるがゆえ、その維持費も大変安く上がります。オイル交換は自分で簡単にできますし、プラグ交換も10分もあれば完了できます。税金なども安く上がりますので、主な足として使っても良いぐらいです。

ST250の短所を教えて下さい。

単気筒250ccであるがゆえのデメリットということも言えますが、高速走行は苦行です。80km/hを超えるような速度域は、車体全体が大きく振動するため、サービスエリアなどで止まったとき、腕をはじめとした全身が震えていることを感じてしまいます。

同様に、風防なども装備されていないため、風圧を直接受けてしまいますので、体全体に無駄な力が入ってしまうこととなります。結果として、高速走行時の疲労度は非常に大きなものとなってしまいます。

ST250の平均燃費はどのくらいですか?
平均30km/L程度です。
ST250から買い換える予定はありますか?

はい、ホンダVTR250を考えています。

車体が軽くて小さいものは、ちょっとした外出などでも威力を発揮します。現在、ST250はその役割を担ってくれているのですが、これに変わるようなバイクで、似たようなスペックではちょっと味がありません。

そのような意味で言えば、長所を生かしつつ、短所を極力削ったバイクが魅力的となってくるわけで、特に高速走行時のネガティブな部分を払拭できるようなものが必要です。

となると、250ccクラスでそれなりに高速走行ができ、かつ扱いやすいバイクということになりますので、VTR250のようなものが候補となってきます。

ST250で行った一番の思い出はありますか。

ST250以外に、アドレスV125Gも保有しています。夫婦でバイクに乗りますが、125ccは高速道路に乗れませんので、必然的に一般道でトコトコと走ることになります。

初夏に静岡県のさった峠までツーリングに行きましたが、このときは国道1号線をのんびり流すことができ、非常に快適に走ることができました。

また、そののんびり流すのが功を奏し、ST250としては破格の燃費記録である45km/Lを記録したのもこのときでした。

ST250は、どんな所、場所、シチュエーションが合いますか?

郊外や田舎道など、時間を忘れてトコトコと走る場面が最も似合います。スタイリングもクラシカルなため、目を三角にしてグイグイ攻めるという感じにはなりません。

まったりとツーリングして、その行き先で地元の美味しいものを食べてくる、というような使い方がピッタリくるバイクです。

私自身はカスタムには興味がないのですが、そのスタイリングを生かして、カスタムしてよりクラシカルな姿を強調するなども、楽しみ方の一つと言えるでしょう。

ST250は、評価すると★いくつですか?またその理由を教えて下さい。

★5つ:全てにおいて優等生!誰にでもおすすめできる!

ST250は、初心者には扱いやすく、ベテランには味わい深く乗ることができるバイクと思います。

これまでに高速走行の弱点をかなり記載していますが、その点は当初から分かって購入しているつもりです。逆に言えば、理解したうえで購入する分には、そこはむしろ味わいとして考えることができるのではないかと思います。

バイク用語辞典管理者

Dooさんありがとうございました!

ST250の愛車インプレッション、レビュー楽しかったです。

Dooさんには・・・

自らがそうであったように、やはり初心者にぜひ乗ってもらいたいバイクであると言えます。

そして、バイクの楽しみを、このST250で味わい、将来また別のバイクに乗ったときにも、「あ、ST250であそこに行ったな。今度はこのバイクで行ってみようかな。」という気持ちになって頂ければ、本当に嬉しいです。

・・・以上のようにST250について〆ていただきました。

皆さんにもスズキ ST250の良さや、長所、短所、さらには燃費や使い勝手などがわかったのではないでしょうか。

さらに、ST250の気になったところ、逆に弱点など知りたかったことなどが理解できたかもしれません。

あなたのスズキ ST250を考える際、参考になればうれしいです!

The following two tabs change content below.
Ayumi
こんにちは。バイク用語辞典管理人のAyumiです。愛車はホンダCBR600 レプソルカラーです。住んでいるところは関東の東京の上あたり。ずっとホンダ党。マイケル・ドゥーハン(古い!)が好きなので、レプソルカラーがあるCBR600(PC40)に乗っています。

スポンサードリンク

 

愛車レビュー・インプレッション

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る